国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

いきもの

154件の記事があります。

2020年03月13日雪柳(ゆきやなぎ)

皇居外苑いきもの / バックナンバー2019 / 北の丸公園の桜 / 季節の便り / 春の花

ユキヤナギが咲き始め、早春のサクラ類と共に公園内を彩っています。

それでは、現在の北の丸公園の自然状況とサクラの開花状況をお知らせします。

ユキヤナギ(2020年3月13日、管理事務所付近にて撮影)

バラ科シモツケ属に分類され、本州・四国・九州に生える植物です。

花は4月頃に咲き、主に公園などに植えられます。

名前の由来は、葉がヤナギに似ていることと、重ねあうように咲く花の姿が雪が積もったように見えることから付いたとされています。

また、別名コゴメバナとも呼ばれておりますが、これは、ユキヤナギの花を玄米を精米する際に出る小米(こごめ:欠けてしまったりした小さなお米)に見立てたものとされています。

トサミズキ(2020年3月13日、芝生地付近の林にて撮影)

マンサク科トサミズキ属に分類され、四国に自生する(自然に生えている)植物です。

花は3月下旬頃から4月にかけて咲き、こちらも主に公園などに植えられます。

名前の由来は、"トサ"の名が示すように高知県(旧 土佐国)の山地に自生していることから付いたとされています。