国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

冬の花

60件の記事があります。

2019年02月04日立春の花

皇居外苑いきもの / バックナンバー2019 / 冬の花 / 北の丸公園ブログ / 季節の便り

2月4は二十四節気の1番目、立春(りっしゅん)です。また、この日から立夏(りっか:5月5日)の前日までが春の期間とされます。まだまだ寒さの厳しい季節ですが、公園内ではこの時期ならではの花を見ることができます。北の丸公園の自然状況をお知らせします。

ソシンロウバイの花(2019.1.29 北の丸休憩所前にて撮影)

中国原産です。日本へは江戸時代初期に渡来したとされています。

他の植物よりも早く花を咲かせることから、生け花や庭木として利用されてきました。

「ロウバイ」という名前の由来は、ウメの花に似ている、蜜蝋のような色艶をしている、旧暦の12月(ろう月)に花が咲くなど、諸説あります。

ソシンロウバイは、ロウバイとは異なり、内側の花びらは褐色ではありません。

ソシンロウバイの実(2019.1.29 北の丸休憩所前にて撮影)

5cm程度の卵型の実です。枯れても長く枝に残り続けます。

内部に長さが1cmほどの種があり、細長いアズキのような色と形をしています。