放射線による健康影響等に関する
ポータルサイト
Q&A

原子力発電所の事故によって大気中に放出された放射性物質は、人にどのような影響がありますか。被ばくした量との関係、特に100ミリシーベルト(mSv)の意味について教えてください。

Answer
  • 1

    大気中に放出された放射性物質による放射線被ばくの影響は、受けた放射線の量に依存します。

  • 2

    受けた線量が高いほど数年後から数十年後にがんになる危険性が高まると考えられています。

  • 3

    原爆被爆者を主とした疫学調査では、100ミリシーベルト(mSv)以上の線量では、線量が高いほどがん死亡が増加することが確認されていますが、100ミリシーベルト(mSv)以下の線量では、放射線によりがん死亡が増えることを示す明確な証拠はありません。

専門家向け資料