つむぐ、つなぐ、つたわる。

つむぐ、つなぐ、つたわる。
scroll

ぐぐるプロジェクト

環境省では、東京電力福島第一原子力発電所事故以降、放射線に係る健康影響への不安を抱える住民等に対するリスクコミュニケーションを実施するとともに、放射線の健康影響に関する風評を払拭するため、正確な情報を全国に発信しています。
放射線は、普段の生活では接する機会が少なく、専門的な情報が多いため、理解するのに時間を要します。多様な媒体から様々な情報が発信される今だからこそ、情報を読み解く力と風評にまどわされない判断力を身につける場を創出するため、新たにプロジェクトを立ち上げました。
今後、ぐぐるプロジェクトとして、5つの活動を戦略的に展開していきます。

5つの事業

“ぐぐるプロジェクト”は、
「知る」「学ぶ」「決める「聴く」「調べる」の5つのテーマで取り組んでいきます。

1.論文を科学的に読み解く
学術論文を題材に、論文の読み方や執筆のノウハウ(お作法)を学ぶ場を提供し、福島第一原発事故に関連する「被ばくによる健康影響」の情報のアップデートを図る。
2.ラジエーションカレッジ
全国の大学を対象に、「放射線の健康影響」等のセミナーを開催後、参加した学生向けに 発表の場を提供し、学生による情報発信の機会を作っていく。
3.情報提供と意思決定
リーフレット等の媒体を通して、放射線による健康影響等に関する事項について、生きていくうえで自ら判断するための情報を提供していく。
4.不安や疑問によりそう
リスクコミュニケーション活動の場を活用し、放射線に関する相談ができる仕組みを充実していく。
5.ぐぐるプロジェクト公式ホームページ
現在の放射線の健康影響等に関するポータルサイトをベースに、放射線の健康影響について不安を抱えている住民または不安が生じた住民がいつでも使える辞書機能の役割となるコンテンツを格納する。

キックオフミーティング

環境省では令和3年7月15日(木)、放射線の健康影響に関する情報を読み解く力と風評にまどわされない判断力を身につける場を創出するため、新規に“ぐぐるプロジェクト”を立ち上げました。

ラジエーションカレッジ

環境省は、令和3年7月に放射線の健康影響に関する情報を読み解く力と風評に惑わされない判断力を身につける場を創出するため、“ぐぐるプロジェクト”を立ち上げ、同年8月20日(金)より、本プロジェクトの要となる「ラジエーションカレッジ(放射線に関する学びの場の創生)」の参加募集を大学生等を対象に開始しました。

  • 環境省
  • 福島環境再生事務所
  • 除染情報サイト
  • 中間貯蔵施設情報サイト
  • 放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト
  • 除染アーカイブサイト
  • 除染情報プラザ
  • 放射線リスクコミュニケーション相談員支援センター
  • 環境省_つなげよう、支えよう 森里川海プロジェクト
  • 東日本大震災からの環境再生ポータルサイト
  • 放射線の授業準備はらでぃにおまかせ!放射線教育支援サイト
  • つむいでつなぐ 次世代と考える放射線に関する情報発信
back to top