放射線による健康影響等に関する
ポータルサイト
MENU
Living
住む

② 東京電力福島第一原子力発電所周辺の空間線量率の分布

除染の実施や年月の経過により、東京電力福島第一原子力発電所周辺の空間線量率の値は事故直後から低下しています。

80km圏内における空間線量率の分布

放射性物質による影響の変化を確認するため、東京電力福島第一原子力発電所から80km圏内について継続的に航空機モニタリングが実施されています。

80km圏内における空間線量率は、線量が高い地域(東京電力福島第一原子力発電所から北西方向に伸びる領域)も、低い地域も、年月の経過と共に下がってきていることが確認されました。

空間線量率の分布の詳細は令和5年度版 下巻26ページを参照

放射線健康影響に関する情報
「環境放射線モニタリング」

Q&A
「現在の福島周辺の空間線量は、事故当時から変化していますか。」
「航空機モニタリングでは、何を測定しているのですか。」