地球環境・国際環境協力

セルロースナノファイバー(CNF:Cellulose Nano Fiber)

 環境省では、植物由来の素材で鋼鉄の5分の1の軽さで5倍の強度等の特性を有するセルロースナノファイバー(以下「CNF」という。)に着目し、さまざまな製品等の基盤となる樹脂材料をCNFで補強したCNF活用材料(複合樹脂等)を使用することで、CO2の効果的な削減を図ることを目的とした、CNF性能評価モデル事業を推進しています。本事業では、CNF活用材料で部品等を試作し、実機に搭載することで製品としての信頼性、CO2削減効果等の性能評価を実施するとともに、早期社会実装に向けた導入実証を行っています。また、そうしたCNFの早期社会実装を見据えて、CNF活用材料(複合樹脂等)を製造する段階での易リサイクル性、リサイクル材料の性能評価の実証を行い、課題を明らかにし、課題解決に係る実証を行っています。

■セルロースナノファイバー(CNF)とは

■国家戦略、関係省庁の連携、産官学の連携の動き

■セルロースナノファイバー(CNF)等の次世代素材活用推進事業

■環境省事業成果報告書

平成27年度

地域における低炭素なセルロースナノファイバー用途発FS委託業務

セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務

セルロースナノファイバー 製品製造工程の低炭素化対策の立案事業委託業務

平成28年度

セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務

セルロースナノファイバー 製品製造工程の低炭素化対策の立案事業委託業務

平成29年度

セルロースナノファイバー活用製品の性能評価事業委託業務

セルロースナノファイバー 製品製造工程の低炭素化対策の立案事業委託業務

セルロースナノファイバ-リサイクルの性能評価等事業委託業務

■セルロースナノファイバー(CNF)のLCA評価

■CNF活用製品によるCO2削減の事例紹介

準備中

■国内外動向調査

  • CNF最新動向調査結果.pdf
    ※平成29年度セルロースナノファイバーのリサイクルモデル事業の推進計画等の策定委託業務成果報告書より抜粋

■関連リンク

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ