公募情報

環境省からの公募情報です。

公募中の案件名

令和3年度二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業委託業務の公募開始について
公募概要

 2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すためには、二酸化炭素排出量の削減に努めるとともに、排出された二酸化炭素を資源として活用する技術を実用化することで、二酸化炭素の削減や炭素循環の促進に努めることが重要です。二酸化炭素を資源として製造する化学物質は多岐にわたり、これまでの化石燃料由来の物質を代替していくことが可能です。二酸化炭素の資源化を本格的に進めるには、目的とする化学物質を製造し社会で活用するモデルの構築と二酸化炭素削減効果等の検証・評価を行うことが必要であり、炭素循環モデルを広く社会に普及啓発していくことが必要です。

 また、二酸化炭素の資源化については航空輸送や船舶輸送の燃料等への適用も期待されており、その実現に向けた技術実証及びその技術を用いたビジネスモデルを検討することが必要とされています。

 本事業では、人工光合成又はその応用技術を活用することで、二酸化炭素の資源化を実現するための課題を克服し、地域での炭素循環社会モデルを構築することで、脱炭素社会及び炭素循環社会の構築、ひいては第5次環境基本計画(平成30年4月閣議決定)に掲げられている地域循環共生圏の構築を促進することを目的とします。

受付期間 令和3年6月7日(月) ~ 同年6月28日(月)17:00
担当部課 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室
(電話)03-5521-8339(内線)7729
募集内容 令和3年度二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業委託業務の公募開始について
令和3年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の二次公募について
公募概要

 環境省は、大幅なCO2排出削減及び「地域循環共生圏」の構築に向け、大幅なCO2排出削減に資する技術を社会に導入していくために、将来的な地球温暖化対策の強化につながり、各分野におけるCO2削減効果が相対的に大きいものの、民間の自主的な取組だけでは十分に進まない技術の開発・実証について、民間企業、公的研究機関、大学等からの提案を募集し、外部専門家から成る評価委員会において選定し、委託又は補助により実施することとしています。

 下記の要領により、令和3年度開始課題の実施主体を募集しますので、応募に当たってはこれを熟読していただくようお願いします。本要領を熟読せずに応募された結果生じる応募書類の不受理や、応募期限に間に合わない等の事態については、当方は一切の責任を負いません。

受付期間 令和3年6月7日(月) ~ 同年7月9日(金)17:00
担当部課 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室
(電話)03-5521-8339(内線)6795
募集内容 令和3年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の二次公募について
令和3年度革新的な省CO2型感染症対策技術等の実用化加速のための実証事業の一次公募について
公募概要

 環境省は、「ポスト/With コロナ」社会に機動的に対応するため、様々なユースケースの展開に向けて、我が国の革新的技術に基づく技術実証等に取組み、安全・安心な衛生環境創出等の新しいライフスタイルに資するCO2削減技術等の検証・実装加速化等を行います。上記の実現のため、民間の自主的な取組だけでは十分に進まない技術の開発・実証について、民間企業、公的研究機関、大学等からの提案を募集し、外部専門家から成る評価委員会において選定し、委託又は補助により実施することとしています。

 本公募要領により、令和3年度開始課題の実施主体を募集しますので、応募に当たってはこれを熟読していただくようお願いします。本要領を熟読せずに応募された結果生じる応募書類の不受理や、応募期限に間に合わない等の事態については、当方は一切の責任を負いません。

 なお、本公募は府省共通研究開発管理システム「e-Rad」により受付いたします。応募に当たっては、e-Radへの登録が必要となりますので、添付のURLをご確認ください。本システム自体へのご質問は、e-Radヘルプデスクへお問い合わせください。

受付期間 令和3年6月3日(木) ~ 同年6月23日(水)17:00
担当部課 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室
(電話)03-5521-8339(内線)7777
募集内容 令和3年度革新的な省CO2型感染症対策技術等の実用化加速のための実証事業の一次公募について
令和3年度脱炭素化・先導的廃棄物処理システム実証事業の一次公募について
公募概要

2050年カーボンニュートラル社会の実現に向けて、廃棄物分野においても一層の脱炭素・省CO2対策を進めることが喫緊の課題となっています。脱炭素対策の取組が地域循環共生圏の構築につながるように、単に廃棄物の処理だけではなく、廃棄物処理・資源循環分野全体として、取組を進めていくことが重要となります。 そこで、環境省では、地域循環共生圏を踏まえた廃棄物の処理における技術面や廃棄物処理工程の効率化・省力化に資する実証事業の提案を募集します。

受付期間 令和3年5月25日(火) ~ 令和3年6月25日(金)18:00必着
担当部課 環境省 環境再生・資源循環局 廃棄物適正処理推進課
(電話)03-5521-9273(内線)6803
募集内容 令和3年度脱炭素化・先導的廃棄物処理システム実証事業の一次公募について
ページ先頭へ