放射線による健康影響等に関する
ポータルサイト
Q&A

食品中の放射性物質の基準値は、セシウム以外の核種から受ける影響は考えられていないのですか。

Answer
  • 1

    基準値は、事故で放出されたと考えられる核種のうち、物理学的半減期が1年以上の放射性核種(セシウム134、セシウム137、ストロンチウム90、プルトニウム238、プルトニウム239、プルトニウム240、プルトニウム241、ルテニウム106)から受ける影響を考慮しています。

  • 2

    これまでの調査等で、食品からの放射性物質の影響は、放射性セシウムが大部分を占め、放射性セシウム以外の核種からは1割程度ということが分かっています。

  • 3

    放射性セシウムの寄与率(全体に占める割合)を算出した上で、他の放射性物質の影響を考慮して、合計して年間1ミリシーベルト(mSv)を超えないように放射性セシウムの基準値を設定し、セシウムだけ測定しても、他の核種の影響も含んで、年間1ミリシーベルト(mSv)を管理できるような工夫をしています。

専門家向け資料