放射線による健康影響等に関する
ポータルサイト
Q&A

食品の基準値とは、どのようなものですか。

Answer
  • 1

    厚生労働省が設定している食品中の放射性物質から受ける放射線量の基準値は、年間1ミリシーベルト(mSv)を超えないというものです(平成24年4月から施行)。

  • 2

    基準値は乳幼児や妊婦(胎児)をはじめ、全ての世代に配慮して決められています。

  • 3

    「一般食品」は、最も厳しい限度値から基準値を設定し、国産率を50%※と仮定して1キログラム当たり100ベクレル(Bq/kg)としました。

  • 4

    「乳児用食品」と「牛乳」は、子どもの放射線感受性が高い可能性を考慮し、万が一全ての食品が基準値上限の値で汚染されていたとしても影響がないよう一般食品の半分の1キログラム当たり50ベクレル(Bq/kg)としました。

※日本の食料自給の状況などを考慮し、流通する食品の50%(国産品の全て)が放射性物質を含む場合を仮定しています。

専門家向け資料