放射線による健康影響等に関する
ポータルサイト
Q&A

チェルノブイリ原発事故の後、周辺地域に住んでいた子どもたちに甲状腺がんが多発したと聞きました。実際には、どれくらいの線量を被ばくしていたのですか。

Answer
  • 1

    国連科学委員会(UNSCEAR)の報告書によれば、ベラルーシ、ロシア、ウクライナの汚染地域の住民全体における1986年の甲状腺線量は、102ミリグレイ(mGy)、未就学児では289ミリグレイ(mGy)と推定されています。
    ※グレイ(Gy):放射線を受けた物質が吸収するエネルギー量の単位

専門家向け資料

参考文献