保健・化学物質対策

水銀に関する取組

 国連環境計画(UNEP)では、国際的な水銀の管理に関して法的拘束力のある文書を制定するため、政府間交渉委員会(INC)を設置して平成22(2010)年に交渉を開始しました。交渉の結果、2013年1月にジュネーブ(スイス)で開催された政府間交渉委員会第5回会合(INC5)において、条約の条文案が合意され、条約の名称が「水銀に関する水俣条約」(Minamata Convention on Mercury)に決定されました。

 これを受け、2013年10月9日(水)~11日(金)に条約の採択・署名のための外交会議が熊本市及び水俣市で開催されました。

水銀に関する水俣条約

国内の水銀対策

国際社会に向けた貢献

その他の取組

発行物

パンフレット:「水銀に関する水俣条約と日本の貢献」

パンフレット:「水銀に関する水俣条約」について [PDF 3,066KB]

冊子:「水俣病の教訓と日本の水銀対策」

UNEP水銀関係出版物(リンク:UNEP)

リンク

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ