本文へジャンプ
ここから本文
環境省地球環境・国際環境協力地球温暖化対策>地球温暖化の科学的知見
地球環境・国際環境協力トップページへ

地球温暖化の科学的知見

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)

IPCCは国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)によって設立された、自然科学的根拠;影響、適応及び脆弱性;気候変動の緩和を含む気候変動の評価において世界を主導する国際組織です。

気候変動の影響への適応

気候変動の影響への適応に関する関係府省庁連絡会議

平成27年9月に、気候変動の影響への適応に関し、関係府省庁が緊密な連携の下、必要な施策を総合的かつ計画的に推進するため、気候変動の影響への適応に関する関係府省庁連絡会議を開催することとなりました。

「日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について」(中央環境審議会意見具申)について

平成27年3月に中央環境審議会から環境大臣に、日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について意見具申がなされました。 環境省では本意見具申を踏まえ、政府全体の適応計画の策定に向けて、関係府省とともに作業を進めています。

気候変動適応の方向性について

平成22年に行われた「気候変動適応の方向性に関する検討会」の資料と、報告書『気候変動適応の方向性』、関連情報の紹介です。

地球温暖化影響・適応研究委員会

平成19年から20年にかけて行われた「地球温暖化影響・適応研究委員会」の議事次第と、報告書『気候変動への賢い適応』の紹介です。

一般向けの紹介

パンフレット『STOP THE 温暖化』

IPCCの知見を踏まえ、地球温暖化についての原因や影響、対策について解説しています。

パンフレット『21世紀末における日本の気候』(平成27年3月)

IPCC第5次評価報告書の知見を踏まえ、日本周辺の将来の気候の変化について予測を行った結果の概要を解説しています。

パンフレット『温暖化から日本を守る 適応への挑戦』

地球温暖化への適応策について、考え方や我が国の取組について解説しています。

『地球温暖化の影響・適応 情報資料集』(平成21年)

※利用に当たっては、環境省資料であることを明示の上、改編することなくページ毎にご利用ください。

パンフレット『地球温暖化と感染症~いま何がわかっているのか?~』(平成19年)

地球温暖化と感染症の関係はどのようなものか、また今何が問題となっており、私たちに何ができるのかを解説しています。

モニタリング・基礎的なデータ

地球観測連携拠点(温暖化分野)について

温暖化影響について(平成15年度-18年度)

地球温暖化に関する研究成果について

モニタリング・研究(平成16年-20年)

地球環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト「温暖化影響総合予測プロジェクト」

研究成果について

温暖化に関する研究成果について

その他

スターン・レビュー(「気候変動の経済学」)の要約(Executive Summary)の和英版

  1. 1/4 [PDF 320KB]
  2. 2/4 [PDF 950KB]
  3. 3/4 [PDF 360KB]
  4. 4/4 [PDF 305KB]

▲Page Top