地球環境・国際環境協力

日本版ナッジ・ユニット(BEST)について

1.概要

2.日本版ナッジ・ユニット(BEST)の取組

 (1)日本版ナッジ・ユニット連絡会議

   (産学政官民連携によるオールジャパンの議論の「場」"open space for open discussion")

 (2)BITEBehavioral Insights x Traditional Economics)

   (科学的根拠の提供、施策の社会実装の支援、「相談窓口」等をする"Evidence Institution")

      相談対応実績(資料公開準備中)

          • 環境・エネルギー分野
          • 地方創生・税制分野
          • 健康・医療分野
          • 職場環境・働き方改革分野
          • 都市計画・中心市街地活性化分野
          • 革新技術・プラットフォームビジネス分野
      • 国内外におけるナッジ等の行動インサイトの活用事例(資料公開準備中)

 (3)BI-TechBehavioral Insights x Technology)

   (行動インサイトと技術の融合)

 (4)行動経済学会とのコラボレーション

   ア.「ベストナッジ賞」コンテスト

   イ.行動インサイト・アイデアソン

 (5)EBPM(エビデンスに基づく政策立案)とEBP(エビデンスに基づく実践)の好循環

   (Evidence-based policymaking x Evidence-based practice)

 (6)倫理的配慮の検討

      • (資料公開準備中)

 (7)国内及び国際連携

      • (資料公開準備中)

 (8)これからのナッジについて(Beyond Nudge(仮称))

      • (資料公開準備中)

3.日本版ナッジ・ユニット(BEST)の取組に対する指摘と評価

4.その他報道発表

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ