ここから本文です。

地図

国立公園内の見どころの位置関係がわかる地図が掲載されています。PDFリンクからご覧ください。

交通アクセス

アクセスルートは一例です。詳しくは各交通機関の窓口・ホームページなどでご確認ください。

※各区間の所用時間は目安です。

コース1
東京駅
新幹線(約60分)
上毛高原駅
バス(約120分)
戸倉
バス(約25分)※11月~4月の間は運休
鳩待峠
コース2
東京駅
新幹線(約60分)
上毛高原駅
バス(約120分)
戸倉
バス(約20分)※11月~4月の間は運休
大清水
コース3
東京駅
鉄道(約210分)
会津高原尾瀬口
バス(約120分)※11月~3月の間は運休
沼山峠
コース4
東京駅
新幹線(約120分)
浦佐駅
バス(約90分)
奥只見ダム
奥只見湖遊覧船(約40分)※11月~5月の間は運休、完全予約制
尾瀬口
 
小沢平
尾瀬口、小沢平、沼山峠までバス(約60分)
※11月~5月の間は運休、完全予約制
沼山峠

宿泊エリア

御池

標高1,520メートル、国道352号が通り、尾瀬沼、尾瀬ヶ原、 燧ケ岳へ行くことができる入山口です。宿泊施設には、檜枝岐村営の「御池ロッジ」があります。湿原とブナ林に囲まれた、展望風呂が自慢の宿です。

尾瀬沼

尾瀬沼は標高1600m付近に位置しています。尾瀬沼の東岸には2軒の山小屋と28張りのキャンプ場、南岸(三平下)には山小屋が1軒あります。尾瀬沼の湖岸や大江湿原をゆっくり楽しんだり、燧ヶ岳登山の際の宿泊に便利です。

見晴

尾瀬ヶ原の東端に位置し、尾瀬ヶ原散策や燧ヶ岳登山、尾瀬沼への縦走などさまざまな尾瀬の自然の魅力を楽しむための滞在拠点です。6軒の山小屋と約100張りのキャンプ場があり、宿泊することで尾瀬ヶ原の朝靄や雄大な星空などを楽しむことができます。

山ノ鼻

鳩待峠口から歩いて1時間、尾瀬ヶ原の玄関口に位置し、個性豊かな3軒の山小屋と約50張のキャンプ場が整備されています。尾瀬ヶ原をゆっくり楽しみたい方や、山ノ鼻から至仏山を登る方にはおすすめの宿泊エリアです。宿泊の際は早めの予約をお願いします。

片品温泉郷(公園外)

群馬県側から尾瀬や日光丸沼への玄関口に位置し、国民保養温泉地にも指定されています。夏はハイカー、冬はスキー客に多く利用されています。

尾瀬檜枝岐温泉(公園外)

福島側からの尾瀬への玄関口に位置し、豊富な湯量と2つの泉質が魅力です。日帰り温泉施設が3つあり、3つすべての施設で大自然を自然を身近に感じる露天風呂を備えています。

施設

尾瀬沼ビジターセンター

尾瀬沼ビジターセンターの写真
尾瀬沼東岸の会津沼田街道沿いに位置するビジターセンター。カウンターには職員が常駐し、尾瀬の概要のほか、日々のフィールド巡回で収集した季節ごとの見どころや登山道の状況等も紹介しています。自然観察会は毎日、スライドショーは土日祝日の前夜に実施しています。尾瀬沼周辺の散策前に、是非お立ち寄りください。
所在地福島県南会津郡檜枝岐村字燧ヶ岳1番地(尾瀬沼湖畔)
開館時間7:30~16:00(尾瀬開山期間中)
休館日尾瀬開山期間中無休
利用料無料 / 詳細は以下関連リンク
関連リンク尾瀬沼ビジターセンターfacebook
こんなことができます
▶尾瀬の自然をもっと知りたい
尾瀬にはたくさんの植物や動物が生息していますので、名前が分からないことが多いと思います。そんな時は当ビジターセンターで確認しましょう!名前だけではなく様々な情報を得られますよ。

▶尾瀬沼の様々な景色を見たい!
自然観察会やスライドレクチャーに参加すれば、季節や時間帯によって表情の異なる尾瀬沼を見ることができます。今まで知らなかった世界が広がるかも?!

▶見て・触って・感じる
尾瀬に生息している動物の毛皮や頭骨を展示しています。直接毛皮などに触れることで、動物の特徴を感じることができます。

▶尾瀬の自然を守るために
「自然保護の原点」と呼ばれる尾瀬には様々な歴史があります。また、浄化槽等の排水対策や近年増加するシカへの対策など、現在の尾瀬を守る取り組みについても紹介しています。学校・団体向けのプログラムも行っていますので、事前にお問合せ・ご相談ください。
ユニバーサルデザイン対応状況
  • コミュニケーション支援ボード

尾瀬山の鼻ビジターセンター

尾瀬山の鼻ビジターセンターの写真
尾瀬ヶ原の西端"山ノ鼻"に位置し、自然保護活動や情報発信をおこなっています。館内には職員が常駐し、尾瀬の概要のほか、日々のフィールド巡回で収集した季節ごとの見どころや登山道の状況等も紹介しています。スライドショーや自然観察会等を実施する日もあります。尾瀬ヶ原を訪れた際には是非お立ち寄りください。
所在地群馬県利根郡片品村大字戸倉字中原山898-9
開館時間7:00~18:00(尾瀬開山期間中) ※ 窓口案内: 7:30~16:00
休館日尾瀬開山期間中無休
利用料無料
関連リンク尾瀬保護財団HP
こんなことができます
尾瀬山の鼻ビジターセンターでは、尾瀬にいらした方を対象に、自然観察会、スライドショー、環境学習ミニガイドツア-などを無料で開催しています。当日参加できます。実施日時は下記リンク先等でご確認ください。また、学校・団体向けのプログラムも行っています。事前にお問合せ・ご相談ください。申込方法の詳細は関連リンクをご覧ください。

尾瀬沼キャンプ場(尾瀬沼東岸)

尾瀬沼キャンプ場の写真
尾瀬沼の湖畔にある静かなキャンプ場です。完全予約制の場内28張りまでのキャンプ場です。
所在地福島県南会津郡檜枝岐村字燧ヶ岳1番地(尾瀬沼)
連絡先090-7064-4183  (Tel: 尾瀬沼ヒュッテ ※衛星携帯)
開設期間尾瀬開山期間中
利用料800円(1人1日あたり)
関連リンク尾瀬沼ヒュッテHP

見晴キャンプ場

場内100張りまでのキャンプ場です。見晴キャンプ場は先着順となっておりますので、早めの行動をお願いします。
所在地福島県南会津郡檜枝岐村字燧ヶ岳1番地(見晴)
連絡先090-9749-1319 (Tel: 燧小屋 ※衛星携帯)
開設期間尾瀬開山期間中
利用料800円(1人1日あたり)
関連リンク燧小屋HP

山ノ鼻キャンプ場

尾瀬ヶ原の入り口の山ノ鼻地区にある、場内50張りまでのキャンプ場です。山ノ鼻キャンプ場は先着順となっておりますので、早めの行動をお願いします。
連絡先090-6946-3302 (Tel: 至仏山荘、営業期間中6:00~18:00 ※衛星携帯)
開設期間尾瀬開山期間中
利用料800円(1人1日あたり)

連絡先一覧

関東地方環境事務所
〒330-6018
埼玉県さいたま市中央区新都心11-2
明治安田生命さいたま新都心ビル18階
Tel: 048-600-0516 Fax: 048-600-0517
http://kanto.env.go.jp/

檜枝岐自然保護官事務所
〒967-0525
福島県南会津郡檜枝岐村下ノ原867-1
Tel: 0241-75-7301 Fax:0241-75-7302

片品自然保護官事務所
〒378-0415
群馬県利根郡片品村大字鎌田下半瀬3885-1
Tel: 0278-58-9145 Fax:0278-58-9150

尾瀬保護財団
〒371-8570
群馬県前橋市大手町一丁目1-1
群馬県庁17階
Tel: 027-220-4431 Fax: 027-220-4421

尾瀬国立公園サイト