未来に引き継ぐ大自然 国立公園 National Parks of Japan

上信越高原国立公園

国立公園

 上信越高原国立公園は、群馬、新潟、長野の三県にまたがり、面積としては大阪府ほどの、日本で2番目の広さを持つ国立公園です。
 本公園の特徴は、白根山や浅間山のような活火山、志賀高原のような高層湿原など豊かな自然的要素に加え、神社を有する戸隠高原など歴史的要素のほか、スキー場、キャンプ場、温泉など野外レクリエーション的要素を有しています。         

上信越高原国立公園地図

ニュース&トピックス

一覧

開催案内お知らせ
2016年01月28日 <開催案内> 中部山岳国立公園野生鳥獣対策検討会の開催について(お知らせ)
採用関係
2016年01月18日 平成28年度アクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)の募集について
報道発表
2015年12月16日 上信越高原国立公園須坂・高山地域管理運営計画の策定に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
開催案内お知らせ
2015年10月26日 妙高戸隠連山国立公園誕生記念 平成27年度(11月-3月)アクティブ・レンジャー国立公園写真展の開催について
開催案内
2015年10月02日 平成27年度「アクティブ・レンジャー国立公園写真展」の開催について(群馬県長野原町)
問い合わせ先
長野自然環境事務所
〒380-0846 長野県長野市旭町1108 長野第一合同庁舎
TEL:026-231-6570 FAX:026-235-1226
E-mail:NCO-NAGANO@env.go.jp
ページ先頭へ