未来に引き継ぐ大自然 国立公園 National Parks of Japan

上信越高原国立公園

国立公園

 上信越高原国立公園は、群馬、新潟、長野の三県にまたがり、面積としては大阪府ほどの、日本で2番目の広さを持つ国立公園です。
 本公園の特徴は、白根山や浅間山のような活火山、志賀高原のような高層湿原など豊かな自然的要素に加え、神社を有する戸隠高原など歴史的要素のほか、スキー場、キャンプ場、温泉など野外レクリエーション的要素を有しています。         

上信越高原国立公園地図

ニュース&トピックス

一覧

開催案内お知らせ
2015年03月24日 (お知らせ)妙高戸隠連山国立公園の指定を記念したPRイベント及びシンボルマークの募集について
開催案内お知らせ
2015年02月25日 <開催案内> 中部山岳国立公園野生鳥獣対策検討会の開催について
開催案内
2015年01月30日 「知ろう!探そう!浅間山!―浅間山麓の地域活性化に向けて―」の開催について(お知らせ)
報道発表
2015年01月20日 上信越高原国立公園の再編成に係る中央環境審議会の答申について
その他
2014年11月04日 長野自然環境事務所管内の国立公園内における火山情報について (お知らせ)
問い合わせ先
長野自然環境事務所
〒380-0846 長野県長野市旭町1108 長野第一合同庁舎
TEL:026-231-6570 FAX:026-235-1226
E-mail:NCO-NAGANO@env.go.jp
ページ先頭へ