本文へジャンプ

環境省保健・化学物質対策科学的知見の充実及び環境リスク評価の推進化学物質の内分泌かく乱作用に関するホームページ >対談・コラム

対談・コラム

コラム・エッセイ

内分泌かく乱化学物質を扱う 欧州における規制に向けた取組みの進展

環境ホルモンによる子どものIQ低下は国家的損失

魚類の繁殖におよぼす内分泌かく乱化学物質の影響

内分泌かく乱化学物質が野生生物にもたらすリスクを予測し管理することはできるか?

PCBによる環境汚染と子どもの健康

米国の新たなEDSP21イニシャティブ

「化学物質の脅威」に対する一考

内分泌かく乱化学物質と私たちのくらし

EXTEND2010のスタートに際して

情報提供とリスクコミュニケーションの今後

化学物質の内分泌かく乱作用に関する日英共同研究について

日米二国間協力事業でのOECDテストガイドライン化に向けた取組

内分泌かく乱化学物質の科学的知見とリスク評価について

内分泌かく乱作用についての科学的理解の前進―疾病を予防する新たな機会の創出

内分泌かく乱化学物質と低用量問題

化学物質とのつきあい方-私が「共生」という言葉で表現したかったこと

環境保健、「環境ホルモン」とFetal Programming

平成18年度化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム:化学物質とどう付き合っていくか~リスクとメリットから考える~に参加して

さかなクントークショー 「身近な生き物を観察しよう!~化学物質の影響や環境の変化から考える~」

最近の化学物質の内分泌かく乱作用問題(“環境ホルモン問題”)報道について

環境ホルモンの諸問題

安全と安心 ―内分泌かく乱作用問題について―

環境省の環境ホルモン政策に異議あり

「チビコト」を読んで

環境と遺伝子

雌化・雄化と基礎研究

市民は環境ホルモン問題をどう考えたらよいのでしょうか

不思議なことば :「化学物質」

対談・インタビュー

“環境ホルモン騒動”を検証する Part 2

“環境ホルモン騒動”を検証する Part 1

アンケート

取組紹介

対談・コラム

化学物質の内分泌かく乱作用について、各分野の方々がわかりやすく解説しています。
注:本ページの内容は著者の見解であり、環境省の立場を示すものではありません。
  また、環境省による事実確認は行われていません。

コラム・エッセイ

コラム・エッセイ
内分泌かく乱化学物質を扱う 欧州における規制に向けた取組みの進展
コンサルタント、イギリス
マイケル・ロバーツ、クリスティーナ・ライ
2016年3月25日 掲載
環境ホルモンによる子どものIQ低下は国家的損失
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
理事 水野 玲子
2015年6月24日 掲載
魚類の繁殖におよぼす内分泌かく乱化学物質の影響
長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科
附属環東シナ海環境資源研究センター
征矢野 清
2013年3月7日 掲載
内分泌かく乱化学物質が野生生物にもたらすリスクを予測し管理することはできるか?
生態毒性コンサルタント、イギリス
ピーター・マッティーセン
2013年3月7日 掲載
PCBによる環境汚染と子どもの健康
愛媛大学沿岸環境科学研究センター 田辺 信介
2013年1月22日 掲載
米国の新たなEDSP21イニシャティブ
米国環境保護庁(EPA)化学物質安全性・汚染防止局
上席生物学者 レスリー W.トゥアート Ph.D.
2012年1月17日 掲載
「化学物質の脅威」に対する一考
(社)日本化学工業協会 庄野 文章
2011年3年24日 掲載
内分泌かく乱化学物質と私たちのくらし
ジャーナリスト・環境カウンセラー 崎田 裕子
2011年3月1日 掲載
EXTEND2010のスタートに際して
明治大学理工学部 教授 北野 大
2011年2月4日 掲載
情報提供とリスクコミュニケーションの今後
主婦連合会 環境部長 有田 芳子
2010年4月7日 掲載
化学物質の内分泌かく乱作用に関する日英共同研究について
いであ株式会社 環境創造研究所
環境リスク研究センター 大西 悠太
2010年3月24日 掲載
日米二国間協力事業でのOECDテストガイドライン化に向けた取組
(財)化学物質評価研究機構
安全性評価技術研究所 江藤 千純
2010年3月24日 掲載
内分泌かく乱化学物質の科学的知見とリスク評価について
東京大学 医学系研究科
疾患生命工学センター 健康環境医工学部門 遠山 千春
2009年3月24日 掲載
内分泌かく乱作用についての科学的理解の前進―疾病を予防する新たな機会の創出
Environmental Health Sciences CEO/チーフサイエンティスト
ジョン・ピーターソン・マイヤーズ(Ph.D)
2009年1月14日 掲載
内分泌かく乱化学物質と低用量問題
国立医薬品食品衛生研究所
安全性生物試験研究センター 井上 達
2008年10月2日 掲載
化学物質とのつきあい方-私が「共生」という言葉で表現したかったこと
(社)日本化学工業協会エンドクリンワーキンググループ委員
三菱化学(株) 環境安全・品質保証部 原田 靖之
2008年3月21日 掲載
環境保健、「環境ホルモン」とFetal Programming
東北大学医学系研究科 佐藤 洋 
2008年2月5日 掲載
平成18年度化学物質の環境リスクに関する国際シンポジウム:化学物質とどう付き合っていくか~リスクとメリットから考える~に参加して
(財)残留農薬研究所 毒性部 生殖毒性研究室 青山 博昭
2007年12月10日 掲載
H18こどもエコクラブ全国フェスinよこすか さかなクントークショー
「身近な生き物を観察しよう!~化学物質の影響や環境の変化から考える~」
さかなクン
2007年11月12日 掲載
最近の化学物質の内分泌かく乱用問題(“環境ホルモン問題”)報道について
ExTEND2005 基盤的研究企画評価検討会委員
(社)日本化学工業協会 常務理事  小倉 正敏
2006年8月3日 掲載
環境ホルモンの諸問題
環境ホルモン学会 会長 森田 昌敏
2006年8月3日 掲載
安全と安心 ―内分泌かく乱作用問題について―
化学物質の内分泌かく乱作用に関する検討会委員
三井化学(株) 環境安全役員付部長  岩本 公宏
2006年8月3日 掲載
環境省の環境ホルモン政策に異議あり
化学物質問題市民研究会 事務局長 安間 節子
2006年8月3日 掲載
「チビコト」を読んで
「ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議」事務局長
弁護士 中下 裕子
2006年3月20日 掲載
環境と遺伝子
雌化・雄化と基礎研究
自然科学研究機構 井口 泰泉
2006年1月10日 掲載
市民は環境ホルモン問題をどう考えたらよいのでしょうか
ExTEND2005 野生生物の生物学的知見検討会委員
ExTEND2005 リスクコミュニケーション推進検討会委員
(財)世界自然保護基金ジャパン  村田 幸雄
2005年9月7日 掲載
不思議なことば :「化学物質」
日本化学会論説委員会 渡辺 正
2005年8月3日 掲載

対談・インタビュー

対談・インタビュー
“環境ホルモン騒動”を検証する Part 2
国連大学副学長 安井 至 × 読売新聞東京本社編集委員 小出 重幸
2008年2月22日 掲載
“環境ホルモン騒動”を検証する Part 1
国連大学副学長 安井 至 × 読売新聞東京本社編集委員 小出 重幸
2005年10月31日 掲載