第5回の低炭素塾について

 第5回低炭素塾は「適応計画と次年度補助事業」をテーマとして、平成27年11月27日に閣議決定された「気候変動の影響への適応計画」について解説するとともに、地方公共団体における適応計画策定に向けた取組事例を紹介しました。また、環境省より、平成28年度政府予算案に盛り込まれた補助事業のうち、「地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業」及び「再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業」に関する概要説明を行いました。

開催日時

  • 平成28年1月27日(水)13:30~17:00(受付開始13:00~)

開催場所

  • 東京都千代田区六番町15
    一般財団法人主婦会館 プラザエフ(7階会議室 カトレア)

内容(テーマ:「適応計画と次年度補助事業」)

  • 講義     『気候変動の影響への適応計画及び地方公共団体の取組の促進』
            藤井 進太郎 (環境省地球環境局総務課研究調査室 室長補佐)
  • 事例発表1  『三重県における適応計画への取組』
            砂田 浩治 氏 (三重県 環境生活部 地球温暖化対策課 主査)

  • 事例発表2  『川崎市における適応策の検討について』
            岩上 淳 氏 (川崎市 環境局地球環境推進室 課長補佐)

  • 平成28年度政府予算案補助事業概要説明
     『再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業』
     『地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業』
             新原 修一郎 (環境省総合環境政策局環境計画課 課長補佐)

当日のプログラムはこちら[PDF:173KB]    

 【第5回の低炭素塾の様子】

5回目の様子(1)


5回目の様子(2)


5回目の様子(3)


5回目の様子(4)


5回目の様子(5)

第5回 配布資料

環境省(法人番号1000012110001)

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内