地球環境・国際環境協力

気候変動の科学的知見

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)

 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、1988年にWMO(世界気象機関)とUNEP(国連環境計画)のもとに設立された組織であり、195か国・地域が参加しています。気候変動に関する最新の科学的知見(出版された文献)についてとりまとめた報告書を作成し、各国政府の気候変動に関する政策に科学的な基礎を与えることを目的としています。

 IPCCは参加国のコンセンサスに基づき意思決定を行う政府間組織であり、IPCCの各報告書は、参加国がコンセンサスで承認・採択します。よってIPCCの報告書は、各国が承認採択した最新の科学的知見として、UNFCCC(国連気候変動枠組条約)をはじめとする国際交渉や国内政策のための基礎情報として世界中の政策決定者に引用されているほか、一般にも幅広い層から参照されています。また、IPCCは設立以来、政策的に中立であり特定の政策の提案を行わない、という科学的中立性を重視しています。

IPCCによる報告書

 IPCCは設立以来、活動の核として、5~7年毎にその間の気候変動に関する科学的知見の評価を行い、その結果をまとめた「IPCC評価報告書」を作成・発表してきました。1990年に第1次評価報告書(FAR)、1995年に第2次評価報告書(SAR)、2001年に第3次評価報告書(TAR)、2007年に第4次評価報告書(AR4)、2013年~2014年にかけて第5次評価報告書(AR5)を発表しました。2015年10月からは、第6次評価報告書(AR6)の作成プロセスが始まっています。そのほか、各種報告書 (特別報告書、方法論報告書、技術報告書)を発表しています。

 第6次評価報告書(AR6)サイクルにおける報告書や国内執筆者などに関する情報

 過去の報告書に関する情報

普及啓発

IPCCシンポジウム

パンフレット『IPCC AR6 特別報告書』(2021年3月)

 IPCCにより公表された、1.5℃特別報告書(2018年10月)、土地関係特別報告書(2019年8月)及び海洋・雪氷圏特別報告書(2019年9月)について解説しています。

パンフレット『おしえて!地球温暖化』(2019年3月)

 地球温暖化に関するIPCC等の最新の知見について、シロクマ先生と子グマの対話を通して解説しています。

パンフレット『STOP THE 温暖化』

 IPCCの知見を踏まえ、地球温暖化について原因や影響、対策について解説しています。

気候変動の観測・予測及び影響評価統合レポート2018~日本の気候変動とその影響~

 (環境省、文部科学省、農林水産省、国土交通省、気象庁共同作成)

パンフレット『21世紀末における日本の気候』(2015年3月)

 IPCC第5次評価報告書の知見を踏まえ、日本周辺の将来の気候の変化について予測を行った結果の概要を解説しています。

パンフレット『GCMによるアウトプット』(2015年3月)

 全球モデル出力(GCMデータ)を用いたアジア各地域の将来の気候変化について解説しています。

パンフレット『温暖化から日本を守る 適応への挑戦』

 地球温暖化への適応策について、考え方や我が国の取組について解説しています。

『地球温暖化の影響・適応 情報資料集』(2009年)

 ※利用に当たっては、環境省資料であることを明示の上、改編することなくページ毎にご利用ください。

パンフレット『地球温暖化と感染症~いま何がわかっているのか?~』(2007年)

 地球温暖化と感染症の関係はどのようなものか、また今何が問題となっており、私たちに何ができるのかを解説しています。

モニタリング・基礎的なデータ

地球観測連携拠点(温暖化分野)について

気候変動の影響に関する統計

人工衛星による観測

その他

スターン・レビュー(「気候変動の経済学」)の要約(Executive Summary)の和英版

リンク

気候変動問題に取り組む団体、関連する情報を掲載しているサイトを紹介します。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ