地球環境・国際環境協力

太陽光発電の導入支援サイト

我が国は202010月に2050年カーボンニュートラル宣言を行い、2021年4月には2030年度に2013年度比で46%削減を目指すこと、さらに50%の高みに向けて挑戦を続けていくことを表明しました。また、2021年5月には改正地球温暖化対策推進法が成立し、「2050年までの脱炭素社会の実現」が基本理念として法律に位置付けられました。

こうした中、太陽光発電の導入は、多様な主体が実施できる取組として期待されています。

環境省では、民間企業や地方自治体が、屋根や駐車場に太陽光発電設備を設置し、その電力を建物内で消費する、いわゆる自家消費型の太陽光発電の導入等を推進しています。

本サイトは今後随時更新してまいります。

概要資料

初期投資ゼロでの自家消費型太陽光発電設備の導入について~オンサイトPPAとリース~(2021年3月環境省)[PDF730KB]

駐車場を活用したソーラーカーポートの導入について(2021年3月環境省)[PDF1.95MB]

オフサイトコーポレートPPAについて(2021年3月環境省・みずほ情報総研)[686KB]

環境省主催セミナー

・自家消費型太陽光発電設備の導入に関するオンラインセミナー(202110月4日開催)

  http://www.env.go.jp/press/109995.html


・資料

登壇者 資料
環境省 資料
イオン株式会社

資料

※ご発表者のご意向により、一部資料を変更しています。

川崎重工株式会社 資料
株式会社サンコー 資料
株式会社Looop 資料
豊通ファシリティーズ株式会社 資料
大阪府 資料
株式会社エナーバンク 資料

※資料の内容はセミナー当日時点のものです。

環境省支援事業(令和4年度)※概算要求中

PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業

  http://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/nergy-taisakutokubetsu-kaikeir04/gsyk04-05-2.pdf

・地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する公共施設への自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

  http://www.env.go.jp/earth/earth/ondanka/nergy-taisakutokubetsu-kaikeir04/gsyk04-04-02.pdf

 

 ※概算要求時点の資料のため、今後内容に変更が生じる可能性があります。

環境省支援事業(令和3年度)※令和2年度第3次補正予算事業含む

①屋根等を活用した自家消費型の太陽光発電の導入支援事業

 ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

 https://www.eic.or.jp/eic/topics/2021/r02_strp/001/

②駐車場等を活用した自家消費型の太陽光発電の導入支援事業

 "建物屋根上や空き地"以外の場所を活用したソーラーカーポート等の自家消費型の太陽光発電設備及び蓄電池の導入を行う事業

 http://eta.or.jp/offering/21_03_cport/210514.php

③オフサイトコーポレートPPAを行う太陽光発電の導入支援事業

 オフサイトコーポレートPPAによる太陽光発電供給モデル創出事業

 http://eta.or.jp/offering/21_02_ofppa/210428.php

④公共施設向けの自家消費型の太陽光発電等の導入支援事業

 地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等への自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

 https://www.eic.or.jp/eic/topics/2021/resi/

その他

・企業の脱炭素経営の促進(TCFDSBTRE100等)

  https://www.env.go.jp/earth/datsutansokeiei.html

・公的機関のための再エネ調達実践ガイド(令和2年6月環境省)

  https://www.env.go.jp/earth/earth/re100_1/RE100guidebook.pdf

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ