環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海の環境情報 > 環境保全対策 > 瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく対策 > 環境保全思想の普及及び住民参加の推進

環境保全思想の普及及び住民参加の推進

瀬戸内海の環境保全対策の推進にあたっては、地域住民や民間団体及び瀬戸内海を利用する人々の正しい理解と協力、地域における目標の共有が不可欠です。また、汚濁負荷や廃棄物の排出抑制、環境保全への理解、行政の施策策定への参加等の観点から、住民参加の推進が求められています。

そのため、環境保全思想の普及及び住民参加の推進を図ることを目的に、次の施策が実施されています。

(1) 国の施策

○瀬戸内海環境保全月間ポスター等による普及啓発活動

国民一人ひとりが瀬戸内海の環境保全について理解と認識を深め、各地での取組へと輪を広げていただくことを目的に、毎年6月を「瀬戸内海環境保全月間」に定めています。この「瀬戸内海環境保全月間」について広く知っていただくため、公益社団法人 瀬戸内海環境保全協会と協力して、毎年「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを公募により作成しています。

過去のポスター一覧(公益社団法人 瀬戸内海環境保全協会HP)
http://www.seto.or.jp/promotion/poster


○「里海ネット」による地域の里海づくり活動の支援

地域における里海づくり活動を支援するため、環境省HPにおいて「里海ネット」を運営し、取組の参考となる「里海づくりの手引書」や先進事例の紹介を行っています。

環境省HP「里海ネット」
http://www.env.go.jp/water/heisa/satoumi/

(2) 関係府県等の施策

令和元年度における瀬戸内海環境保全月間(6月)の行事実施状況は以下のとおりである。その他、事業者においても海面清掃や環境標語の募集などを行って普及啓発活動を実施している。

「令和元年度瀬戸内海環境保全月間」行事実施状況
団体名 事業の名称 事業の概要 期間又は実施日 対象 備考
大阪府 瀬戸内海環境保全月間ポスターの配布・掲出 瀬戸内海環境保全月間ポスターを配付し、掲出した。 6月1~30日 府内市町村(会員除く)
庁内関係課関係団体
大阪湾の環境保全普及啓発活動 「エコあまフェスタ2019」へ出展し、「チリメンモンスター」を使った普及啓発活動を行った。 6月8日 大阪湾沿岸住民 大阪湾環境保全協議会として実施
兵庫県 クリーンアップひょうごキャンペーン クリーンアップひょうごキャンペーン推進協議会が主催し、団体・地域住民・行政等が連携して、環境美化キャンペーンを県内各地で展開している。
今年度は、G20日本開催に向け、国を挙げて海洋プラスチック対策を含むプラスチック資源循環戦略の策定を進めていることから、期間を例年より2か月延長し、海洋ごみの原因にもなるワンウェイのプラスチック容器の使用削減など、プラスチックの3Rを一層推進している。
5月30日~7月31日 市町、一般県民等
3,000万人瀬戸内海クリーン大作戦 瀬戸内海環境保全知事・市長会議(瀬戸内海沿岸域39府県市で構成)が主催し、瀬戸内海に関係する団体・行政等の協力のもと、瀬戸内海及び同沿岸並びに流入する河川におけるごみの回収、普及啓発活動等を実施している。 6月26日~7月31日 各種団体、一般県民等
奈良県 リバーウォッチングの開催 奈良県県下の河川において、水生生物調査や捕獲した水生生物を指標にした川の水質判定等の自然観察会を開催。
 ・期間中 2回
 ・講師 奈良県水生生物研究会会長  谷 幸三 氏
6月4日
6月11日
小学生(県内2校、計127名) 県予算および大和川水環境協議会助成金で対応
出前講座の開催 奈良盆地を流れる大和川水系河川の治水、環境についての講義。洪水対策や、生活排水対策などを学ぶ。
 ・期間中 6回
 ・講 師 県河川課職員
6月7日
6月14日
6月19日
6月21日
6月24日
6月28日
小学生(県内6校、計384名) 県予算および大和川水環境協議会助成金で対応
「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・掲出 出張所、行政センター、市立図書館、公民館に掲示を依頼 6月1日~30日
和歌山県 「海ごみゼロ 和歌の浦クリーンアップ」 「海ごみゼロウィーク」にあわせ、片男波海水浴場周辺の清掃活動を実施した。 6月1日 地域住民等230名(企業・組合・行政・小学生・中学生・高校生・大学生・地域ボランティア団体) 環境省・日本財団が実施する「海ごみゼロウィーク」(5/30~6/8)に合わせて開催
岡山県 自然海浜保全地区内の清掃 自然海浜保全地区の清掃活動を実施 6月~7月 自治会、町内会、子供会等の各種団体
瀬戸内海環境保全月間ポスター配布 瀬戸内海環境保全月間ポスターを掲示するとともに、市町村や関係機関に配布 6月中 県民
広島県 「環境の日」ひろしま大会 ○ 環境活動展示
○ 環境紙芝居
○ パネルの展示
○ 環境クイズラリー 等
6月9日 県民 主催:「環境の日」ひろしま大会実行委員会(県は実行委員会構成員)
リフレッシュ瀬戸内 ○美しい瀬戸内を守っていくことを目的に、平成5年度から毎年、瀬戸内海沿岸域で清掃活動を実施。
期間中に13市町36ヶ所で実施予定
6月~8月 県民 主催:瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会(県は会員)
環境啓発懸垂幕及びポスターの掲示 ○環境月間をPRする啓発用懸垂幕及びポスターの掲示 6月中 県民
山口県 ポスター掲示 瀬戸内海環境保全月間ポスターを掲示 6月1日~30日 山口県瀬戸内海環境保全協会の会員(自治体・関係団体・工場・事業場 99団体)
啓発資材の配布 県や市町が開催する環境に関するイベントにおいて普及啓発 6月2日 一般県民 岩国環境フェスタ等
徳島県 ラジオによる広報 ラジオ3局で放送される県からのお知らせにおいて、瀬戸内海環境保全月間について広報を行った。 6月1日~30日 一般県民
「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・掲出 市町村及び関係機関等に「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを配布し、掲出を依頼した。 6月1日~30日 市町村
関係機関等
とくしまSATOUMIスクールの実施 とくしまSATOUMIジュニアリーダーの育成の一環として鮎喰川の水生生物調査を行った。 6月20日 神山町広野小学校
香川県 特定事業場等立入検査 pH、BOD、COD、SS等(有害物質項目も含む)排水検査の実施 6月3日
特定事業場 4か所 環境保健研究センター
6月4日 特定事業場8カ所
6月11日 特定事業場7カ所
6月18日 特定事業場9カ所
6月20日 特定事業場5カ所
6月25日 特定事業場6カ所
6月27日 特定事業場9カ所
香の川創生事業 環境保全に関する出前講座(水生生物調査) 6月14日 綾川町立羽床小学校 25人
環境キャラバン隊 環境保全に関する出前講座(水質調査) 6月12日 高松市立高松第一小・中学校 34人
環境保全に関する出前講座(水生生物調査) 6月21日 高松市立塩江中学校 20人
詰田川河口の清掃活動 詰田川河口の漂流・漂着ごみ(空き缶、ペットボトル、ビニール類等)を回収する。 6月20日 環境保健研究センター職員
かがわ里海大学「里海風景の撮影ツアー」 写真教室講師とともに里海を巡り、里海風景の撮影を通して里海への理解と興味を深める講座。 6月2日 県民
かがわ里海大学「里海学びの講座」 里海・里山の環境、生き物、自然と共生してきた文化・歴史など多角的な視点から里海での暮らしにアプローチする講座を開講。 第2回 6月7日
第3回 6月14日
県民
海ごみゼロウィーク
かがわ里海ごみゼロチャレンジ!
海ごみゼロウィーク(5月30日~6月8日)に合わせて、海岸での清掃活動を実施。 6月8日 県民
里海パネル展 瓦町FLAG8階市民交流プラザIKODE瓦町で里海パネル展を開催。 6月19~25日 県民 出展
かがわ里海大学「里海ガイド養成講座(入門)」 里海体験ツアーにおけるガイドや地域でのボランティアガイドを目指すうえでの基礎知識や技術を学ぶ講座。 6月29日
6月30日
県民
リフレッシュ瀬戸内 瀬戸内海沿岸の自治体が主体となり清掃活動を実施する。 6月~8月 地域住民などの団体
さぬき瀬戸パートナーシップ事業 香川県が管理する海岸の一定区間で行われる清掃などの美化活動 通年 地域住民などの団体
愛媛県 ポスターの配布・掲出 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・掲出 6月1日~30日 来庁県民 県関係各庁舎内に掲出
ポスターの掲出 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの掲出 6月1日~30日 来庁市町民 各市町の庁舎内に掲出
水質調査 県内の河川・海域での採水及び分析調査 6月中
不法投棄防止対策推進協議会 関係機関による不法投棄防止対策の取組等について協議 6月28日 愛媛県東予地方局今治支局
パネル展示 リサイクル、地球温暖化等に係るパネル展示 6月10日~6月14日 来庁県民 愛媛県南予地方局庁舎内
郷土を美しくする清掃 町内全域で清掃活動を実施 6月1日 町民 松前町
片の浜清掃 希少生物の保護・汚染環境の浄化・環境保全を目的とした清掃 6月1日 南宇和ライオンズクラブ
愛南町役場
愛南警察・漁協
郵便局等各種団体
愛南町
西海ビーチクリーン及びサンゴ保護活動 海岸・海中・海上を清掃しサンゴの保護活動実施 6月22日 イサナダイビングクラブ
愛南町西海支所
宇和島海上保安部ほか
愛南町
愛南探検隊 水田の生きもの観察会
一本松広見地区の動植物の観察の実施
6月23日 町内の園児・児童・保護者 愛南町
福岡県 水辺の教室 水環境等説明、パックテスト 6月11日 今川小学校4年生(60名)
水環境等説明、パックテスト、祓川での水生生物観察 6月17日 祓郷小学校4年生(17名)
海辺の教室 水環境等説明、パックテスト、チリメンモンスター 6月3日 今元小学校4年生(51名)
海岸清掃(長井の浜) 6月17日 今元小学校5・6年生(88名)
環境キャンペーン 商業施設ゆめタウン行橋にて環境啓発チラシやグッズを配布 6月27日 一般住民120名に配布
大分県 公害防止パトロール 水濁法(瀬戸法)特定施設への立ち入り調査 6月16日
(7月1日)
2施設 1施設は期間外に実施
小学生の体験学習 水の汚れの観察 6月28日 小学生(102名)
京都市 山科区2万人まち美化作戦 各学区、各種団体による一斉清掃 6月2日 山科区全世帯数の1/3の参加により実施
(約4,000名が河川清掃を実施)
ごみゼロキャンペーン 庁舎周辺,周辺道路等の清掃 6月3日 8名程度
京北出張所付近の河川敷を清掃
大阪市 「瀬戸内海環境保全月間」
ポスターの掲出
本課庁舎内に「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを掲出した。 6月3日~30日 本課庁舎を訪れた方
堺市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスター配布・掲出 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを配布し、庁内において掲出した。 6月1日~30日 来庁者
岡山市 環境月間パネル展における水質保全啓発 ○ポスターの展示
 ・瀬戸内海環境保全月間啓発ポスター
 ・児島湖流域環境保全推進ポスターコンクール募集案内
○水質保全啓発資材(クリーンネット等)の配布
6月5日 岡山市役所に来庁された岡山市民の方ほか 平成29年度より
広島市 ポスターの配布・掲出 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・掲出 6月1日~30日 来庁市民等 本市関係課等において掲出
北九州市 曽根干潟クリーン作戦 曽根干潟の生態系を崩さないための清掃活動。
ごみ拾いをすることを通して、ふるさとに対する愛着をもち、環境を守ろうとする心情を培う
(郷土愛・環境保全・生命尊重・資源の有効活用)。
6月3日 一般市民、保育園、曽根東小学校PTA、小学生、日本野鳥の会、曽根東市民センター、漁協、ギラヴァンツ北九州 他
参加人数 593人
年2回、6月と10月に実施
自然海浜を守ろう 「クリーンアップ大作戦」 北九州に残された自然海浜環境保全のための清掃活動。
もじ少年自然の家正面の自然海浜「喜多久海岸」に流れ着く漂着ごみや不法投棄ごみを定期的に清掃することで、自然海浜の環境保全に努める。
ごみ収集量 2,400㎏
6月9日 一般市民、自治会、町内会、企業、PTA、小学生、ボランティア団体 他
参加人数 495人
年2回、6月と11月に実施
豊中市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの掲示・配布 庁内にポスターを掲示。
小学校にポスターを配布し、掲示を依頼。
6月1日~6月30日 市民
小学校41校
高槻市 ポスター掲示 ポスターの掲示 6月1日~30日 市民
枚方市 瀬戸内海環境保全月間ポスターの配布・掲出 市関係施設及び瀬戸内海環境保全特別措置法対象事業所にポスターを配布し、掲出を依頼 6月1日~30日 支所・図書館等の市関連施設22ヶ所
瀬戸内海環境保全特別措置法対象事業所のうち9事業所
寝屋川市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスター掲示 環境保全課執務室に「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを掲示した。 6月1日~30日 環境保全課来庁者
東大阪市 瀬戸内海環境保全月間ポスターの掲示 窓口にポスターを掲示し、来庁者にPRした。 6月1日~30日
尼崎市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの掲示 尼崎市環境保全課接客ブース及びエレベータ前にポスターを掲示した。 6月1日~30日 尼崎市関係者、関係事業者
「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布及び掲示依頼 尼崎市立小学校及び中学校に「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを配布し、掲示を依頼した 掲示依頼期間は6月1日~30日 尼崎市立小学校児童、
中学校生徒
明石市 ポスターの掲出 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの掲出 6月1日~30日 来庁市民
西宮市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・啓発 小学校(市内43校)へ瀬戸内海環境保全月間の旨を通知し、ポスターの掲示を依頼する。 6月3日 小学生等
市内事業者に対する立入調査 西宮市環境保全協定締結事業者等に対し、立ち入り調査を行う。 6月 市内事業者
奈良市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・掲出 出張所、行政センター、市立図書館、公民館に掲示を依頼 6月1日~30日
和歌山市 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布・掲示 小学校、関係課にポスターを配布し、掲示を依頼。 6月1日~30日 市内の小学校
57校
街頭啓発 生活排水対策の啓発活動
内容:
啓発物の配布、アクリルタワシの手編み、生活排水対策クイズ、パネル展示等
配布物品:
水切りネット(2,000個)
シール(232枚)外
5月25日
6月22日
市民
(約2,000名)
環境月間展示 生活排水対策の啓発活動
内容:
生活排水対策、紀ノ川の源流等パネル展示、DVD上映、啓発物の配布、生活排水対策クイズ
配布物品:
 水切りネット(107個)外
6月11日~15日 市民
環境月間パトロール 河川周辺の工場へ立入調査及び排水口における水質調査を実施。 6月11日、12日 河川周辺の工場(17工場)
倉敷市 リフレッシュ瀬戸内 沙美海水浴場における清掃活動 6月23日 地元中学生・高校生、町内会、企業等(約700名)
くらしき環境フェスティバル及び講演会 環境保全に関する啓発イベント及び講演会 6月2日、16日 市民
ポスターの掲示・配布 「瀬戸内海環境保全月間」ポスターの配布及び掲示 6月1日~30日 市内57箇所の公民館、児童館、図書館、市役所の支所等に掲示を依頼。
呉市 環境保全ポスターの掲示 環境保全ポスターの掲示 6月中 一般市民
福山市 環境啓発懸垂幕等掲示 環境月間をPRする啓発用懸垂幕・横断幕の掲示
 ・福山市役所本庁舎
 ・福山市西部市民センター
6月1日~28日 一般市民
イベント「エコカーニバルふくやま2019」 カブトムシ展・カブトムシドーム,ecoちゃれんじ講座,リユース市,エコに関するイベント等
・福山市リサイクルプラザ
6月30日 一般市民(約800人)
「芦田川を守る日」一斉清掃 芦田川をはじめと市内の一斉清掃を実施 6月2日 一般市民
(約14,200人)
川の健康診断 芦田川支流の17のチェックポイントについて水質測定等を行い,各地点の調査結果をまとめ,芦田川の水質改善への理解を深める活動 6月2日 一般市民(27人)
下関市 啓発用懸垂幕の掲示 瀬戸内海環境保全意識の高揚を図るため、本市環境部庁舎において、啓発用の懸垂幕を掲示 6月1日~30日 市民
高松市 高松市海岸線及び島嶼部監視パトロール事業 海岸線・島嶼部のパトロール及び海岸漂着ごみの調査 5月30日
(海ゴミゼロウィークに併せて実施)
(参加者)
環境省、香川県、本市関係部署の職員
(13名)
環境展 国・香川県・高松市におけるごみ減量、リサイクル、省エネ等の環境保全活動の普及・啓発に関する取組を紹介するためのパネル展示を実施。
(海洋ごみに関するパネルを展示)・高松市IKODE瓦町で開催
6月19日~25日 一般市民 環境省四国事務所 他8団体が展示協力
環境フェア 高松市衛生組合連合会主催の環境イベントに展示協力
(海洋ごみに関するパネルを展示)
・高松市総合教育センターで開催
6月30日 一般市民 高松市衛生組合連合会主催
松山市 瀬戸内海環境保全月間ポスターの掲示 市役所内及び環境関連市有施設内に「瀬戸内海環境保全月間」ポスターを掲示 6月1日~30日 市民
(公財)福岡県地区衛生連合会(行橋みやこ地区衛生連合会) 水辺の教室 小学校において環境についての講話をおこない、その後祓川にて水生生物観察を行った。 6月5日(水) 祓郷小学校
小学生18名
海辺の教室 長井浜にて清掃活動を行った。 6月17日(月) 今元小学校5,6年生
小学生100名
今川清掃活動 今川において清掃活動を河川流域行政区で一斉に行った。 6月2日(日) 行政区300人

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海の環境情報 > 環境保全対策 > 瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく対策 > 環境保全思想の普及及び住民参加の推進

ページ先頭へ