環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海の環境情報 > 環境保全対策 > 瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく対策 > 発生負荷量の推移

発生負荷量の推移

瀬戸内海における化学的酸素要求量(COD)の発生負荷量は、瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく総量削減が導入された昭和54年以降減少している。

全りんについては昭和54年から、全窒素については平成8年から削減指導が行われ、平成13年度から水質汚濁防止法に基づく総量削減が導入されている。

瀬戸内海におけるCOD発生負荷量の推移

瀬戸内海におけるCOD発生負荷量の推移

出典:発生負荷量等算定調査(環境省)をもとに作成

(17KB) (1KB)

瀬戸内海における全窒素発生負荷量の推移

瀬戸内海における全窒素発生負荷量の推移

出典:発生負荷量等算定調査(環境省)及び関係府県による推計結果をもとに作成

(18KB) (1KB)

瀬戸内海における全りん発生負荷量の推移

瀬戸内海における全りん発生負荷量の推移

出典:発生負荷量等算定調査(環境省)及び関係府県による推計結果をもとに作成

(16KB) (1KB)

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海の環境情報 > 環境保全対策 > 瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく対策 > 発生負荷量の推移

ページ先頭へ