国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

2021年5月 7日

1件の記事があります。

2021年05月07日エゴノキ(蘞の木)

皇居外苑お知らせ / お願い / バックナンバー2021 / 夏の花 / 季節の便り

東京オリンピックパラリンピックの開催に伴い、2月1日より、セキュリティフェンスの設置を含めた

関連設備等の整備工事が順次再開されており、北の丸公園の一部が利用できなくなります。

ご利用の皆様方にはご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。http://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/topics/post_234.html

公園利用の自粛のお願い

新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止のため、当面の間

公園利用は下記の点についてご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

1.酒類を伴う宴会行為は、禁止とさせていただきます。

2.広場、園地でシート等を広げて飲食を行う行為は、禁止とさせていただきます。

3.野外卓、ベンチでのご飲食は、短時間でのご利用をお願いいたします。

4.園内を散策される際は、マスク着用や可能な限り混雑を避けるなど、感染防止にご協力を

お願いいたします。

詳しくは、下記URLをご確認ください。

http://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/topics/post_242.html

環境省皇居外苑管理事務所

北の丸公園管理事務所

大型連休前に咲き始めだったエゴノキが見頃を迎えてきました。

また、そのほかにも様々な花が見頃を迎えています。

それでは、園内の自然状況をお知らせします。

エゴノキ:蘞の木(2021年5月7日、管理事務所付近にて撮影)

エゴノキ科エゴノキ属に分類され、日本では北海道の日高から本州、四国、沖縄の林や沢の付近に生えます。

通常、5月頃から6月頃に花を咲かせます。

名前の由来は、実の皮をなめると"えごい"ことから付いたとされています。

※えごいとは、"えぐい"と同じ意味を持つ言葉で、苦い味のことやのどに痒い刺激のあることを指します。

また、別名チシャノキと呼ばれる由来は、歌舞伎の演目でムラサキ科のチシャノキと間違えて使われたこと、轆轤(ろくろ)の木は陶芸の轆轤に使われることから付いたとされています。