国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

皇居外苑ニュース

RSS

2020年7月21日

1件の記事があります。

2020年07月21日エゴノキの実(蘞の木)

皇居外苑いきもの / お知らせ / お願い / バックナンバー2020 / 北の丸公園ブログ / 夏の花

春に花を咲かせていた植物たちが、今は青い実を付けています。

それでは、現在の園内の自然状況をお知らせします。

エゴノキ(2020年7月20日、園内各所にて撮影)

エゴノキ科エゴノキ属に分類される植物で、北海道から沖縄の林や川沿いに生え、5月から6月に花を咲かせます。

名前の由来については、なめると"えごい(えぐい)"刺激を伴う味がすることから、エゴノキになったとされています。

また、2つある別名のうちチシャノキは、歌舞伎の演目で誤用(本来はムラサキ科のチシャノキ)されたことから、もう1つのロクロノキは、陶芸に使う轆轤(ろくろ)の材として使われることから付けられたとされています。

エゴノキの花(2020年5月頃撮影)

現在、花は咲いていません。