文字サイズ
の変更

家庭部門の
CO2排出実態
統計調査

ここでは、家庭部門のCO2排出実態統計調査(家庭CO2統計)から見えてくる情報を紹介します。
皆様が家庭部門のCO2排出の現状についての情報収集や学習のための資料としてご活用いただけますと幸いです。

- 平成31(2019)年度 -

家庭からのCO2排出量を知る(全体概況)

日本の1世帯が1年間に排出したCO2は2.72トンで、そのうち電気を使うことによるCO2の排出が1.80トンと約7割を占めています。都市ガス、LPガス、灯油はそれぞれ0.40トン、0.16トン、0.36トンとなっています。

家庭のエネルギー事情を知る

1世帯が1年間に消費したエネルギーは、全国平均で電気が4,047kWh、都市ガスが195㎥、LPガスが27㎥、灯油が144リットルとなっています。
1世帯が1年間に支払った電気・ガス・灯油の合計金額は全国平均で16.9万円となっており、電気が10.6万円、都市ガスが3.0万円、LPガスが2.1万円、灯油が1.3万円となっています。