フロン排出抑制法ポータルサイト-環境省・経済産業省

文字サイズ

Q&A

情報処理センター

利用方法

Q158 情報処理センターへの利用登録は、管理者側が登録するのではなく、充塡回収業者側が登録する必要があるか。
A158

情報処理センターである(財)日本冷媒・環境保全機構のシステムにおいては、管理者、充塡回収業者双方の登録が必要です。

Q159 管理者と充塡回収業者の間で、情報処理センターの活用について意向が異なる場合、どう対応したらよいか。
A159

充塡回収業者は管理者の承諾を得て、情報処理センターに登録した場合は、証明書の交付を免除されると定めており、情報処理センターの利用は強制ではありません。

充塡回収業者と管理者が情報処理センターの使用に関して、互いの合意の上で使用することになるため、事業者間でご相談ください。

Q160 情報処理センターを利用すれば、算定漏えい量まで計算して、必要な場合は国への報告も行ってもらえるか。
A160

情報処理センターである(財)日本冷媒・環境保全機構のシステムにおいては、情報処理センターを活用し、充塡量及び回収量に関するデータの管理と、算定漏えい量の計算はできますが、そのままでは国への報告は行えません。

ただし、国から提供される計算支援ツールと連携可能です。

さらに、この計算支援ツールによって作成された報告データは、電子的に国に報告することが可能です。

Q161 情報処理センターを利用するにあたっては、費用は発生するのか。
A161

情報処理センターである(財)日本冷媒・環境保全機構のシステムでは、充塡回収業者が充塡量、回収量を登録する都度、機器1台ごとに100円(+消費税)の料金の支払いが発生します。

充塡量等の情報を受ける管理者の方に料金は発生しませんが、当該費用については充塡回収業者から請求される可能性があります。

指定法人の指定時期

Q162 情報処理センターは、いつから利用できるのか。
A162

平成27年1月に情報処理センターとして指定された(財)日本冷媒・環境保全機構のシステムにおいては業者登録(無料)及び電子的な通知について、利用可能となっております。

なお、詳しくはURLをご参考ください。

フロン排出抑制法とは?法の概要についてご紹介します。
Q&Aよくあるご質問についてお答えします。
フロン排出抑制法の概要
メーカー等による冷媒転換
機器の管理(点検・記録など)
漏えい量の算定・報告
フロンの充塡・回収、再生・破壊
Q&A
お問い合わせ・リンク
その他