国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

新宿御苑

施設及び歴史的背景

施設及び歴史的背景

新宿御苑のルーツ

画像:当時の地図(当時の地図)

 新宿御苑の敷地は、天正18年(1590)に豊臣秀吉から関八州を与えられた徳川家康が江戸城に入城した際、譜代の家臣であった内藤清成に授けた江戸屋敷の一部です。
 東は四谷、西は代々木、南は千駄ヶ谷、北は大久保に及ぶ広大な土地で、のちの甲州街道や青梅街道になる江戸から西にのびる街道と、鎌倉街道が交差する要所であったことから、この一帯の警護など軍事的な目的で家康が信頼できる家臣に与えたとされています。
 内藤氏7代清枚は元禄4年(1691)に三万三千石の信州高遠城主となりました。内藤家の屋敷地はその石高に比べてあまりにも過分であったため、その後かなりの部分を幕府に返上しましたが、明治5年にはまだ十万坪以上が残されていました。  新宿御苑は、この内藤家の九万五千坪余と、当時すでに私有地化していたものの、もとは内藤家の屋敷地であった隣接地を合わせた十七万八千坪(58.3ha)の土地に誕生することとなりました。

写真:当時の玉藻池(昭和9年当時の玉藻池)

 また、現在大木戸門を入った突き当たりにある玉藻池を中心とする日本庭園は、安永元年(1772)に玉川上水の余水を利用して完成した内藤家の庭園『玉川園』の一部です。
 このようなことから、新宿御苑のルーツは内藤家の江戸屋敷と言えます。

内藤新宿試験場と新宿植物御苑

 明治5年、政府は内藤家から上納された土地と買収した隣接地を合わせた58.3haの敷地に、我が国の近代農業振興を目的とする「内藤新宿試験場」を設置しました。

写真:当時の温室(明治41年当時の温室)

 ここでは欧米の技術や品種を含めた果樹・野菜の栽培、養蚕、牧畜などの研究が幅広く行われました。そして明治7年には内務省の所管となり、新たに教育施設として農事修学所(明治10年駒場に移り、のちの東京大学農学部などの前身である駒場農学校となる)が設置されました。
 新政府の農業振興政策拡充のなかで、内藤新宿試験場は、その幅広い役割の一部を他に移し、明治12年、宮内省所管の「新宿植物御苑」として新たなスタートをきることになりました。
 江戸から明治への大変革期において、この広大な内藤家の屋敷跡の一部が内藤新宿試験場として確保されなければ、今日の新宿御苑は存在し得なかったと言えます。  新宿植物御苑の時代には、現在日本庭園となっているところを中心に鴨池、養魚池、動物園(大正15年上野動物園に下賜)が造られるなど、皇室の御料地・農園として運営がなされました。
 模範的な農場づくりをめざした果樹・野菜などの栽培研究は継続され、我が国で始めての温室を用いたラン等の花きの栽培を行うなど、欧米の園芸の輸入や民間への技術の普及にも力を入れました。

写真:洋ラン栽培(洋ラン栽培)

 また、早くからヒマラヤシーダー、ユリノキ、プラタナスなど多くの外国産樹木を取り寄せて植栽が行われ、明治29年には西洋庭園に面して洋風建築の休憩所(旧御休所)も建てられました。  現在の御苑のたたずまいは、この頃の所産とも言えます。
 このように内藤新宿試験場・新宿植物御苑の時代は、我が国の近代農業、特に園芸の発展にとって極めて重要な役割を果たしました。

新宿御苑の誕生

写真:福羽逸人(福羽逸人)

 明治31年に新宿御苑の責任者となった福羽逸人は2年後の明治33年、パリの万国博に菊の大作り3鉢を出品し、大好評を得ました。この時ベルサイユ園芸学校教授、アンリー・マルチネーに植物御苑を庭園に改造する計画の設計を依頼しました。
 当時の設計図は残念ながら昭和20年の空襲で焼失してしまいましたが、マルチネーが描いた鳥瞰図を見ると中央右側の建物をのぞいてほぼ現況に近いため、マルチネーの設計に従って造られたと考えられます。
新宿御苑は明治35年から4年の歳月をかけて明治39年(1906)5月に完成し、明治天皇の御臨席のもとに日露戦争の戦勝祝賀を兼ねた開苑式が催されたとのことです。

 新宿植物御苑を大改造し、新宿御苑を造成する計画が実現されるまでの経緯は定かではありませんが、若くして西欧の花きや果樹園芸を学ぶためにフランスやドイツに留学するなど欧米の園芸全般に通じていた福羽の存在が大きな影響を及ぼしたのではないかと想像されます。

写真:マルチネーの鳥瞰図
(マルチネーの鳥瞰図)

皇室の庭園から国民公園へ

写真:当時のプラタナス並木(当時のプラタナス並木)

 新宿御苑が皇室の庭園としての道を歩きはじめた当初は、東京の街路樹に利用するプラタナスやユリノキの挿し枝、種子の供給の役割なども継続していましたが、大正6年からは観桜会(戦後は「桜を見る会」)、昭和4年からは観菊会の会場に定着したこともあり、桜と菊に関する内容及び体制の充実が図られました。
 また、大正年間には西洋庭園が9ホールのゴルフコースとしても利用され、新宿植物御苑時代の休憩所(旧御休所)が模様替えされてクラブハウスもかねるようになりました。
 昭和10年代になると戦争の影が御苑を覆い始め、昭和20年5月の空襲では旧御凉亭と御休所を残して、ほぼ全焼という大きな打撃を受けました。
 戦後、一時東京都立農業科学講習所高等科が設置されたこともありましたが、昭和22年12月、新宿御苑は皇居外苑、京都御苑とともに国民公園として運営される旨が閣議により決定し、昭和24年5月21日に「国民公園新宿御苑」として一般に開放され、昭和25年に厚生省の所管となりました。

写真:新宿御苑

 その後、昭和46年7月の環境庁の発足にともない、全国の国立公園などとともに所管を環境庁に移しました。そして平成13年1月の省庁再編により環境省に所管を移し、平成18年に「新宿御苑」という名に冠してから100周年を迎え、現在に至っています。

ページ先頭へ