保健・化学物質対策

SAICM

正式名称

Strategic Approach to International Chemicals Management

背景

  • 1990年代中頃からの、化学物質によるリスクを削減するためのさらなる手法の必要性や、化学物質に関する国際的な活動をより調和のとれ効率のよいものとすべきとする議論等を踏まえ、2002年のUNEP管理理事会において、国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(SAICM)が必要であることが決議されました。
  • 2002年のヨハネスブルグサミット(WSSD)で定められた実施計画において、2020年までに化学物質の製造と使用による人の健康と環境への悪影響の最小化を目指すこととされ、そのための行動の一つとして、SAICMを2005年末までに取りまとめることとされました。

これまでの経緯

  • SAICM策定に向けた具体的な議論は、UNEPを事務局として、3回にわたる準備会合、地域別会合等において進められてきました。
  • 2003年11月、第1回SAICM準備会合がバンコクにて開催され、SAICMの大まかな構成と今後の作業の進め方について了承されました。
  • 2004年10月、第2回SAICM準備会合がナイロビにて開催され、SAICM最終文書の構成・章立て、盛り込むべき事項、今後の作業の進め方などについて議論が行われました。
  • 2005年3~5月に地域会合(アジア太平洋地域は4月4~7日、バンコクで開催)が開催され、政府及び関係者の意見交換が行われました。
  • 2005年9月、第3回SAICM準備会合がウィーンにて開催され、おおよその案文が取りまとめられました。
  • 2006年2月、国際化学物質管理会議(ICCM)においてSAICMが取りまとめられました。国連環境計画(UNEP)において承認されました。

SAICMの関連文書

国際化学物質管理会議

今後の予定

  • SAICMのフォローアップのため、国際化学物質管理会議が2009年、2012年、2015年、2020年に開催されます。

我が国の取組

SAICM国内実施計画

  • 我が国としては、SAICMの考え方を環境基本計画等の政策文書に位置づけるとともに、関係省庁による連絡会議において、SAICMに沿った取組の状況についてフォローアップを行うこととしています。
  • 平成24年9月にSAICM関係省庁連絡会議において、WSSD2020年目標の達成に向けた今後の戦略を示すものとして、SAICM国内実施計画を策定しました。

「SAICM国内実施計画」の策定について(お知らせ)(2012年9月11日)

SAICM国内実施計画 [PDF 914KB]
SAICM国内実施計画(仮訳) [PDF 760KB]

  • 平成27年9月にSAICM関係省庁連絡会議において、SAICM国内実施計画の進捗状況を点検し、結果を取りまとめました。

「SAICM国内実施計画の進捗状況について」の取りまとめについて(お知らせ)(2015年9月25日)

SAICM国内実施計画の進捗状況について [PDF 3.0 MB]

関係資料1 地方公共団体編:47都道府県・20政令指定都市 [PDF 3.0 MB]
関係資料2 業界団体・労働団体編 [PDF 4.8 MB]
関係資料3 市民・消費者団体、NGO/NPO編 [PDF 1.3 MB]

SAICM国内実施計画の進捗状況について(仮訳) [PDF 2.3 MB]

ANNEX1 Local Governments: 47 Prefectures and 20 Designated Cities [PDF 3.2 MB]
ANNEX2 Industrial Associations and Trade Unions [PDF 4.2 MB]
ANNEX3 Civic/Consumer Groups and NGOs/NPOs [PDF 932 KB]

国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(SAICM)関係省庁連絡会議

その他の取組

関連会合

リンク

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ