目次に戻る平成16年度(2004年度)版 「化学物質と環境」
第1章目次に戻る 第1章 平成15年度初期環境調査結果

   { }内は平成15年度調査実施媒体の略称。水:水質、底:底質、生:水生生物、大:大気
   ◎印は検出された物質
 
 ◎[1]HCFC類 {大}  ◎[9]3,3'-ジクロロベンジジン  {水}
 ◎[2]直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩 {水}   [10]ピリジン-トリフェニルボラン  {水}
 ◎[3]イソプレン {大}   [11]2,4,6-トリ-tert-ブチルフェノール {大}
  [4]クロルデコン {大}  ◎[12]ブロモメタン {大}
 ◎[5]クロルピリホス {生;大}  ◎[13]1,2,5,6,9,10-ヘキサブロモシクロドデカン  {水;底}
  [6]クロロピクリン {大}   [14]ヘキサブロモビフェニル {水;底}
  [7] ジエチレントリアミン他1物質 {水}  ◎[15]ポリブロモジフェニルエーテル類 {底;生}
 ◎[8]1,4-ジクロロ-2-ニトロベンゼン他3物質 {水;底}
 
 [9] 3,3'-ジクロロベンジジン 【平成15年度調査媒体:水質】
  (別名:4,4’-ジアミノ-3,3’-ジクロロビフェニル、CAS登録番号:91-94-1)
 
  環境省内の他の調査結果

選定理由

 3,3'-ジクロロベンジジンは、化学物質審査規制法指定化学物質及び化学物質排出把握管理促進法第1種指定化学物質であり、顔料中間体に使用され、平成14年度の出荷量が 7,605 t55)と非常に多く、これまでの累計出荷量も多い。昭和 54年度の水質及び底質の調査ではいずれも不検出であった。平成14年度物質選定検討会において、化学物質審査規制法第2種特定化学物質に該当するか否かの検討を優先的に行うため、水質における最新の実態把握が必要とされ、平成14年度に分析法を開発し、平成15年度に調査が実施された。

 

調査内容及び結果

 水質中の濃度把握を目的として、検出下限値 0.010 μg/L、19地点で調査を実施し、19地点中1地点、57検体中1検体で検出され、検出値は 0.014 μg/Lであった。

評価

 水質は、昭和54年度の調査では検出下限値 0.01〜7 μg/Lにおいて7地点を調査し、不検出であった。平成15年度は検出下限値 0.010 μg/Lにおいて調査が実施され、19地点中1地点で検出があり、検出値は 0.014 μg/Lであった。過去の調査においても不検出であるが、今回の検出地点は過去に調査がなされていないため、環境中濃度の傾向は判断できない。

 
 ○  3,3'-ジクロロベンジジンの検出状況
水質 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 μg/L μg/L
昭和54年度 0/21 0/7 不検出 0.01〜7
平成15年度 1/57 1/19 0.014 0.010

底質 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 ng/g-dry ng/g-dry
昭和54年度 0/21 0/7 不検出 0.3〜900
  
  環境省内の他の調査結果
   要調査項目存在状況調査結果(水環境管理課)
媒体 年度 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 μg/L μg/L
水質(河川) 平成 13年度 0/44 0/44 不検出 0.03
水質(湖沼) 平成 13年度 0/3 0/3 不検出 0.03
水質(海域) 平成 13年度 0/3 0/3 不検出 0.03
 【参考:3,3'-ジクロロベンジジン】  文献一覧へ

用途  : 顔料中間体 76)

生産量・輸入量 : 平成12年度 6,504 t、平成13年度 6,975 t、平成14年度 7,605 t 55)

PRTR集計結果・排出量 (kg /年) :

年度 届出外 大気 公共用水域 排出量合計
平成13年度 0 0 0 0
平成14年度 0 0 0 0
    ※排出量合計=届出外排出量+大気排出量+公共用水域排出量

分解性 : 難分解(化審法) 18)

濃縮性 : 低濃縮(化審法) 18)

媒体別分配予測 : 不詳

反復投与毒性 : 不詳

発がん性、催腫瘍性 : IARC(1987年)グループ2B 40)

生態影響 : 魚類(メダカ(Oryzias latipes))       48hLC50= 1.8 mg/L82)

急性毒性等 : 不詳

規制・基準 :

 
[化審] 第2種監視化学物質(7 3,3’-ジクロロベンジジン(含混合物)) 60)
[PRTR] 第1種指定化学物質(138 3,3’-ジクロロベンジジン(1質量%以上を含有する製品)) 37)
[労働安全] 施行令別表第3特定化学物質等(第1類物質)(1 ジクロルベンジジン及びその塩)
(1重量%を超える製剤その他のもの) 37)
[労働安全] 名称表示物質(39の1 ジクロロベンジジン)(1%を超えて含有する製剤を含む)37)
[労働安全] 法第57条の2、施行令第17条別表第3第1号文書の交付等(1 ジクロルベンジジン及びその塩)
(1重量%を超える製剤その他のもの) 37)
[バーゼル] 特定有害廃棄物等(法第2条第1項第1号イ / 三省告示(41イ 有機ハロゲン化合物(他の号以外))
(廃棄物、0.1 重量%以上)) 37)
[外為][輸入令]第4条第1項第2号(2号承認)(有機ハロゲン化合物(他の号以外))
(0.1 重量%以上(廃棄物)) 37)
[外為][輸出令]別表第2(輸出の承認)(35の2(1)[バーゼル])37)
 
 
次([10] ピリジン-トリフェニルボラン )へ 

目次へ戻る