目次に戻る平成16年度(2004年度)版 「化学物質と環境」
第1章目次に戻る 第1章 平成15年度初期環境調査結果

   { }内は平成15年度調査実施媒体の略称。水:水質、底:底質、生:水生生物、大:大気
   ◎印は検出された物質
 
 ◎[1]HCFC類 {大}  ◎[9]3,3'-ジクロロベンジジン  {水}
 ◎[2]直鎖アルキルベンゼンスルホン酸およびその塩 {水}   [10]ピリジン-トリフェニルボラン  {水}
 ◎[3]イソプレン {大}   [11]2,4,6-トリ-tert-ブチルフェノール {大}
  [4]クロルデコン {大}  ◎[12]ブロモメタン {大}
 ◎[5]クロルピリホス {生;大}  ◎[13]1,2,5,6,9,10-ヘキサブロモシクロドデカン  {水;底}
  [6]クロロピクリン {大}   [14]ヘキサブロモビフェニル {水;底}
  [7] ジエチレントリアミン他1物質 {水}  ◎[15]ポリブロモジフェニルエーテル類 {底;生}
 ◎[8]1,4-ジクロロ-2-ニトロベンゼン他3物質 {水;底}
 
 [5] クロルピリホス 【平成15年度調査媒体:水生生物、大気】
 (別名:チオリン酸O,O’-ジエチル-O-3,5,6-トリクロロ-2-ピリジル、ダースバン、ジエチル-3,5,6-トリクロロ-2-ピリジルチオホスフェート、CAS登録番号:2921-88-2)
 

選定理由

 クロルピリホスは、化学物質審査規制法指定化学物質及び化学物質排出把握管理促進法第1種指定化学物質であり、過去にシロアリの駆除剤として使用された。昭和 63年度及び平成2年度の水質、底質、水生生物及び大気の調査では水質、水生生物、大気から不検出、底質から検出された。農薬用途としては輸入野菜だけでなく国内でも使用されている可能性があることから人体や生態系への影響を調査する必要性が指摘され、水生生物、大気及び食事の最新の実態把握が必要とされた。平成15年度は、候補媒体のうち水生生物及び大気の調査が実施された。

 

調査内容及び結果

 水生生物中の濃度把握を目的として、検出下限値 3 ng/g-wet、12地点で調査を実施し、9地点中1地点、27検体中1検体で検出され、検出値は 10 ng/g-wetであった(欠測扱い:3地点)。

 大気中の濃度把握を目的として、検出下限値 2 ng/m3、7地点で調査を実施し、7地点全てで不検出であった。

評価

 水生生物は、昭和63年度の調査では検出下限値 5 ng/g-wetにおいて21地点を調査し、不検出であった。平成15年度は検出下限値 3 ng/g-wetにおいて調査が実施され、9地点中1地点で検出があり、検出値は 10 ng/g-wetであった。過去の調査においては不検出であるが、今回の検出地点は過去に調査がなされていないため残留状況の傾向は判断できない。

 大気は、昭和63年度の調査では検出下限値 10 ng/m3において21地点を調査し、不検出であった。平成15年度は検出下限値 2 ng/m3において調査が実施され、7地点全てで不検出であった。大気中のクロルピリホスは過去の調査において不検出であり、今回調査した検出下限値においても検出されないことが確認された。なお、設定した検出下限値以下のレベルながら検出を示唆する報告があった( 0.27〜0.51 ng/m3)。

 
 ○  クロルピリホスの検出状況
水質 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 μg/L μg/L
昭和58年度 0/30 0/10 不検出 0.1
昭和63年度 0/72 0/24 不検出 0.1
平成2年度 0/24 0/8 不検出 0.1

底質 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 ng/g-dry ng/g-dry
昭和58年度 0/30 0/10 不検出 5〜35
昭和63年度 11/69 4/23 7〜80 7
平成2年度 9/24 3/8 7.4〜33 5

水生生物 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 ng/g-wet ng/g-wet
昭和63年度  0/72  0/21 不検出 5
 1/27  1/9 10 3

大気 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 ng/m3 ng/m3
昭和63年度 0/72 0/21 不検出 10
平成15年度 0/21 0/7 不検出 2
 

環境省内の他の調査結果

 

要調査項目存在状況調査結果(水環境管理課)

媒体 年度 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 μg/L μg/L
水質(河川) 平成12年度 1/59 1/59 0.04 0.01
水質(湖沼) 平成12年度 0/6 0/6 不検出 0.01
水質(海域) 平成12年度 0/11 0/11 不検出 0.01
水質(河川) 平成14年度 0/50 0/50 不検出 0.01
水質(湖沼) 平成14年度 0/25 0/25 不検出 0.01
水質(海域) 平成14年度 0/5 0/5 不検出 0.01

媒体 年度 検出頻度 検出範囲 検出下限値
検体 地点 ng/g-dry ng/g-dry
底質 平成14年度 0/10   不検出 3
  【参考:クロルピリホス】  文献一覧へ

用途  : 農薬39)

生産量・輸入量 : 

 14農薬年度:水和剤 244.4 t、水和剤 FD 6.0 、乳剤 58.8 kL、粒剤 442.1 t、輸入 =31.8 t (原体)、86.3 t(製剤)34)

PRTR集計結果・排出量 (kg /年) :

年度 届出外 大気 公共用水域 排出量合計
平成13年度 105,263 0 0 105,263
平成14年度 95,571 0 0 95,571
     ※排出量合計=届出外排出量+大気排出量+公共用水域排出量

分解性 : 難分解(化審法) 18)

濃縮性 : 中濃縮(化審法) 18)

媒体別分配予測 : 不詳

反復投与毒性 : 不詳

発がん性、催腫瘍性 : 不詳

生態影響 : ECETOC   魚類       35d NOEC = 0.0001 mg/L(R50:水生生物に猛毒)39)

急性毒性等 : 吸入暴露        ADI = 0.01 mg/kg・d、NOAEL = 1 mg/kg・d(暫定) 39)

規制・基準 :

[化審] 第2種監視化学物質(441チオりん酸O,O-ジエチル-O-(3,5,6-トリクロロ-2-ピリジル)(含混合物)) 60)
[PRTR] 第1種指定化学物質(188チオりん酸O,O-ジエチル-O-(3,5,6-トリクロロ-2-ピリジル)(1質量%以上を含有する製品))37)
[労働安全] MSDS対象物質(345 チオりん酸O,O-ジエチル-O-(3,5,6-トリクロロ-2-ピリジル))
1重量%を超える製剤その他のもの) 37)
[毒劇] 劇物(37の3ジエチル-3,5,6-トリクロル-2-ピリジルチオホスフエイト)
(含製剤、1%以下を含有するものを除く)37)
[水濁] 施行令第3条生活環境項目、排水基準を定める総理府令別表第2(15 燐含有量)37)
[海洋] 施行規則第30条の2の3の物質を定める告示・個品運送PP(【国連番号】2783有機リン系殺虫殺菌剤類(他に品名が明示されているものを除く))(固体、毒性のもの、 1重量%以上)37)
[海洋] 施行規則第30条の2の3の国土交通省告示・個品運送PP(【国連番号】3017有機リン系殺虫殺菌剤類(他に品名が明示されているものを除く))(1重量%以上)37)
[廃掃] 特別管理産業廃棄物(5有機燐化合物を含有する特定有害産業廃棄物)(1mg/L以上含有する廃油、廃酸、廃アルカリ及び処理物、1mg/L以上溶出する汚泥及び処理物) 37)
[バーゼル] 特定有害廃棄物等(法第2条第1項第1号イ / 三省告示(34イ有機燐化合物)
(廃棄物、0.1 重量%以上)) 37)
[航空] 施行規則第194条危険物告示別表第1毒物類・毒物(6.1殺虫殺菌剤(有機リン系)(他に品名が明示されているものを除く))(液体、毒性かつ引火性のもの、引火点が23℃以上60.5℃以下のもの) 37)
[航空] 施行規則第194条危険物告示別表第1毒物類・毒物(6.1殺虫殺菌剤(有機リン系)(他に品名が明示されているものを除く))(固体、毒性のもの)37)
[船舶][危規則]第2,3条危険物告示別表第1毒物類(【国連番号】2783有機リン系殺虫殺菌剤類(他に品名が明示されているものを除く))(固体、毒性のもの) 37)
[船舶] [危規則]第2,3条危険物告示別表第1毒物類(【国連番号】3017有機リン系殺虫殺菌剤類(他に品名が明示されているものを除く))(液体、毒性かつ引火性(引火点23℃以上61℃以下)のもの)37)
[港則] 施行規則第12条危険物告示毒物類(クロルピリホス)(等級3のものを除く)37)
[道路] 施行令第19条の13、車両の通行の制限、日本道路公団公示別表(別表第2-3クロルピリホス)
(含製剤(1%以下を含有するものを除く)、液体) 37)
[外為][輸入令]第4条第1項第2号(2号承認)(有機燐化合物)( 0.1重量%以上(廃棄物))37)
[外為][輸出令]別表第2(輸出の承認)( 35の2(1)[バーゼル])37)
[建築] 法第28の2条、施行令第20条の4、化学物質の建築材料への使用規制(クロルピリホス)37)
[農薬]1971年5月登録65)
(国連勧告) 毒物類(【国連番号】2783【国連分類】クラス6.1 有機リン系殺虫殺菌剤類(他に品名が明示されているものを除く)(固体、毒性のもの))(固体、毒性のもの)37)
(国連勧告) 毒物類(【国連番号】3017【国連分類】クラス6.1副次危険3有機リン系殺虫殺菌剤類(他に品名が明示されているものを除く))(液体、毒性かつ引火性(引火点23℃以上61℃以下)のもの)37)
許容濃度(作業環境)     ACGIH TLV-TWA 0.2 mg/m 3 39)
 
次( [6] クロロピクリン )へ 

目次へ戻る