環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海の環境情報 > 社会経済に関する情報 > 海運等の現況

海運等の現況

瀬戸内海における平成28年の入港船舶総トン数、港湾貨物の取扱量は、全国の約38~41%の割合を占めている。入港船舶総トン数、港湾貨物の取扱量はともに、昭和38年から昭和48年にかけて2倍以上に急増し、その後、ほぼ横ばいで推移している。

また、平成29年の主要狭水道における1日平均の通航船舶隻数は、瀬戸内海で最も多かった明石海峡で794隻となっており、東京湾口の浦賀水道における410隻に比較しても多い。

瀬戸内海沿岸11府県における入港船舶総トン数の推移

瀬戸内海沿岸11府県における入港船舶総トン数の推移
出典:「港湾統計(年報)」(国土交通省)
(30KB) (1KB)

瀬戸内海沿岸11府県における港湾貨物取扱量の推移

瀬戸内海沿岸11府県における港湾貨物取扱量の推移
出典:「港湾統計(年報)」(国土交通省)
(30KB) (1KB)

瀬戸内海の港湾・航路(平成30年12月末現在)

瀬戸内海の港湾・航路(H21年3月末現在)
航路別管制船舶通航状況データ
(38KB)

主要狭水道別通航船舶の隻数の推移(1日平均)

主要狭水道別通航船舶の隻数の推移(1日平均)

注)平成4~10年度の関門海峡の値は出典資料に掲載されていない

出典:海上保安庁広報資料

(42KB) (5KB)

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海の環境情報 > 社会経済に関する情報 > 海運等の現況

ページ先頭へ