ここから本文です。

霧島錦江国立公園の取組み

ノカイドウの保護

ノカイドウの写真

ノカイドウ
(写真提供:鎌宮武義氏)

えびの高原周辺では、世界で霧島地域だけに自生するノカイドウが見られます。しかし、高木による被圧、ニホンジカの剥皮害、根元の洗掘などのため、絶滅の危機に瀕しています(絶滅危惧IB類)。
そこで、行政機関、研究者、ボランティアなどが協力して防鹿柵や稚樹の保護筒の設置、被圧木の伐採、根元洗掘防止工事などを行い、種の保存を図っています。

パークボランティア

パークボランティアの写真
主に国立公園内で活動するボランティアの組織。自然観察会、清掃、野生動植物の保護管理などを行っています。
パークボランティアの写真