ホーム > 環境研究総合推進費 > 環境研究総合推進費の概要 > 研究の対象分野

研究の対象分野

環境研究総合推進費の研究開発対象分野は、平成28年度新規公募より「環境研究・環境技術開発の推進戦略について」(平成27年8月中央環境審議会答申)の構成に沿った以下の5領域に再編しました。

●統合領域 (第1部会)

持続可能な社会の実現に向けたビジョン・理念の提示、持続可能な社会の実現に向けた価値観・ライフスタイルの変革、環境問題の解決に資する新たな技術シーズの発掘・活用、災害・事故に伴う環境問題への対応に貢献する研究・技術開発 等

●低炭素領域 (第2部会)

低炭素で気候変動に柔軟に対応する持続可能なシナリオづくり、気候変動への適応策に係る研究・技術開発、地球温暖化現象の解明・予測・対策評価 等

●資源循環領域 (第3部会)

3Rを推進する技術・社会システムの構築、廃棄物の適正処理と処理施設の長寿命化・機能向上に資する研究・技術開発、バイオマス等の廃棄物からのエネルギー回収を推進する技術・システムの構築 等

●自然共生領域 (第4部会)

生物多様性の保全とそれに資する科学的知見の充実に向けた研究・技術開発、森・里・川・海のつながりの保全・再生と生態系サービスの持続的な利用に向けた研究・技術開発 等

●安全確保領域 (第5部会)

化学物質等の包括的なリスク評価・管理の推進に係る研究、大気・水・土壌等の環境管理・改善のための対策技術の高度化及び評価・解明に関する研究 等