地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業
(CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業)とは

我が国において早期に脱炭素社会を実現するためには、あらゆる分野でさらなるCO2削減が可能なイノベーションを創出し、社会実装することが必要不可欠です。一方、CO2排出削減に貢献する技術開発は、開発リスクが大きく、収益性が不確実で、産業界が自ら対策強化を行うインセンティブが小さい等の理由により、民間の自主的な技術開発に委ねるだけでは、必要なCO2排出削減に貢献する技術の開発が必ずしも十分に進まない状況にあります。このため、国の政策上必要な、CO2排出量を大幅に削減する技術の開発・実証を、国が主導して推進していくことが必要不可欠です。特に、第5次環境基本計画における地域循環共生圏の概念の下、急速に拡大しているゼロカーボンシティ宣言都市等における先導的な取組を支援し、各地域の特性を活かして、脱炭素かつ持続可能で強靱な活力ある地域社会を構築することが極めて重要です。このような背景の下、本事業は規制等将来的な地球温暖化対策の強化につながるCO2排出削減効果の高い技術の開発・実証を強力に進め、CO2排出量の大幅な削減を実現すること、及び、地域の活性化と脱炭素社会の同時達成を後押しし、脱炭素ドミノを誘引することで、第5次環境基本計画で掲げる「地域循環共生圏」の構築と「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」で掲げる早期の脱炭素社会の実現に貢献することを目的としています。

お知らせ

2022年4月7日
公募情報令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業(一次公募)の公募採択について
2022年1月11日
公募情報【受付終了】令和4年度地域共創・セクター横断型カーボンニュートラル技術開発・実証事業(一次公募)の公募開始について
2021年9月30日
公募情報令和3年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(二次公募)の公募採択について
2021年6月7日
公募情報【受付終了】令和3年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の二次公募開始について
2021年4月20日
公募情報令和3年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(一次公募)の公募採択について
2021年1月7日
公募情報【受付終了】令和3年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の一次公募開始について
2020年12月25日
公募情報令和2年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(二次公募)の公募採択及び受賞案件について
2020年10月28日
お知らせ熊本大学 「エネルギー密度を向上した大型車用EVシステムの開発と大都市路線バスへの適用実証」試験が横浜市で始まりました。
2020年10月1日
お知らせユニ・チャーム株式会社 「使用済み紙おむつの再資源化技術開発」事業化を目指します。
2020年9月17日
お知らせデンヨー株式会社 「燃料電池式可搬形発電装置と電源車の技術開発・実証」水素で発電する燃料電池電源車をトヨタと共同開発し、実証運転を開始します。
2020年9月11日
お知らせ神戸大学 「人流・気流センサを用いた屋外への開放部を持つ空間の空調制御手法の開発・実証」事業を佐藤環境副大臣が視察しました。
2020年8月20日
お知らせ三井住友ファイナンス&リース株式会社 「ビール工場排水処理由来高純度バイオメタンガス燃料電池発電システム技術開発実証事業」CO2排出量削減の新技術 実用化に向けた最終試験を開始します。
2020年7月29~31日
お知らせ株式会社IHI 「石炭焚火力発電等の低炭素化を促進するバイオマス爆砕システムの開発」事業が「プラントショーOSAKA」日本能率協会が主催する化学およびプロセス産業用プラントの総合展示会にて発表されました。
2020年5月
お知らせ東京大学生産技術研究所「反射波を活用した油圧シリンダ鉛直配置式波力発電装置(平塚波力発電所)の海域実証」が記者発表されました。
2020年3月2日
お知らせりんかい日産建設株式会社実証事業「海洋再生可能エネルギーの推進に資する撤去可能なテーパー型基礎杭と施工手法の開発・実証」が記者発表されました。
2020年1月16日
公募情報【受付終了】令和2年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の一次公募について
2019年12月5日
お知らせ「エコプロ2019」に参加しました!
2019年11月15日
公募情報令和元年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業成果発表会及び応募相談会の開催について
PageTop