共通ナビゲーションを飛ばす
TOP
環境省 > 地球環境・国際環境協力 > 国際環境協力 HOME > 国別・地域別協力 > 日・モンゴル環境政策対話
Loading

国別・地域別協力

日・モンゴル環境政策対話

環境省はモンゴル国自然環境省(現;モンゴル自然環境・観光省)との間で環境分野についての情報交換と協力の方向性を検討するため、2007年より「日本・モンゴル環境政策対話」を実施しています。

開催年 開催地 会議概要
第1回
(2007年)
東京 日本及びモンゴルの環境政策及び課題、黄砂等の日本・モンゴル間の環境協力の現状と今後の取組、今後の日本・モンゴル環境政策対話について意見交換が行われた。
第2回
(2007年)
ウランバートル 地球環境問題に対する日本のリーダーシップ、日本の協力プロジェクトの現状、モンゴルの特別保護地域、現在と将来の二国間協力等について意見交換が行われた。
第3回
(2008年)
東京 日本の協力プロジェクトの現状、モンゴル側からの協力要望、気候変動に対する取組、エコツーリズムに関する協力等について意見交換が行われた。
第4回
(2009年)
ウランバートル 日本の協力プロジェクトの現状、とりわけ進行中のエコツーリズム協力事業の中間報告が行われた他、気候変動等の協力の可能性について、意見交換が行われた。
第5回
(2011年)
東京 日本からエコツーリズムに関する協力事業の成果について報告が行われた他、日本及びモンゴルにおける気候変動対策や生物多様性対策等の環境政策や課題について意見交換が行われた。
第6回
(2011年)
南ゴビ県 
ダランザドガド
気候変動対策や生物多様性保全等の分野における環境協力について意見交換を行った。また、今後、両省間の協力を更に推進していくため、環境協力に関する覚書を大臣間で締結することについて合意した。
※本覚書については、2011年12月8日、気候変動枠組条約第17回締約国会議(COP17)期間中に南アフリカ・ダーバンで行われた二国間会談の際に、両大臣による署名が行われた。
第7回
(2012年)
東京 気候変動対策や水銀対策等の環境政策について意見交換を行うとともに、ハイレベルの対話の継続に加えて、エコツーリズム推進、自然保護、アスベスト対策、大気汚染対策及びフロン対策を含む様々な分野において具体的な協力を一層推進すること等が合意された。
第8回
(2013年)
ウランバートル 気候変動、大気汚染及びエコツーリズムに関する協力などについて意見交換を行うとともに、両国の環境協力を一層推進することが合意された。
第9回
(2015年)
東京 モンゴル側の新体制を確認するとともに、エコツーリズムや気候変動、大気汚染等の各分野について、両国の政策や経験を共有し、環境協力を一層推進することが合意された。
第10回
(2016年)
ウランバートル 気候変動(適応)、二国間クレジット制度(JCM)、水銀管理の各分野について、両国の政策や経験を共有し、環境協力を一層推進することが合意された。