環境省> 水・土壌・地盤環境の保全> 閉鎖性海域対策関係> 里海ネット> 実践事例の紹介> 里海創生支援モデル事業の紹介 七尾湾里海創生プロジェクト

里海創生支援モデル事業の紹介 七尾湾里海創生プロジェクト

このページは、里海創生支援モデル事業における活動内容の紹介を行い、これから里海創生活動に取り組もうとされている方々や、取り組んでいる方々との情報交流を行うことを目的としています。

クリックすると、各里海創生活動を見ることができます。

  • model_menu_left
  • 横浜市(海の公園)
  • 兵庫県(赤穂海岸)
  • 石川県(七尾湾)
  • 大分県(中津干潟)
  • 志摩市(英虞湾)
  • 佐賀県(有明海)
  • 京都府(阿蘇海)
  • 長崎県(大村湾)
  • model_menu_right

里海創生支援モデル事業名

七尾湾里海創生プロジェクト

事業年度

平成20年度、平成21年度

里海創生支援モデル事業海域の概要

七尾湾は、能登半島の基部の東側にあり、七尾市、穴水町により囲まれている湾である。湾内には、能登半島に抱かれるように能登島があり、七尾湾を3水域(北湾、西湾、南湾)に分けている。風光明媚であり、大部分が能登半島国定公園に含まれている。日本海内湾の大規模アマモ場であり希少種が多いとして、環境省の「日本の重要湿地500」に選定されている。

七尾湾

類型区分

体験型、漁村型

活動の目的

七尾湾とその周辺海域において、地域住民の里海に対する意識の向上を図り、七尾湾を持続的に利用していくためのネットワークの構築をめざして、必要となる現地調査及びワークショップや体験学習プログラムなどのモデル事業を実施する。

主な活動内容

【平成20年度】
(1)七尾湾里海創生プロジェクト運営委員会の設置
(2)既存情報の集積、整理
(3)現地調査(水質・底質)
(4)里海創生モデル事業
 1.七尾湾に関する住民の意識調査
 2.体験活動
 3.ワークショップ・学習会の開催

【平成21年度】
(1)七尾湾里海創生プロジェクト運営委員会の設置・運営
(2)既存情報の集積・整理
(3)現地調査(海岸の改変状況)
(4)里海創生モデル事業
 1.ワークショップ
 2.体験学習プログラム
(5) 里海づくりマニュアル(素案)の改善事項等の提案

主な成果や課題

【成果】
行政、大学、研究機関、地元事業者や漁業者が参画する運営委員会を設置し、事業を実施することで、七尾湾に関わる多様な主体が対話するきっかけとなった。ワークショップにより七尾湾に関する情報を共有するために、写真展の実施、『七尾湾里海マップ』の作成が行われ、里海創生活動の議論が深められた。さらに、住民意識調査の結果から里海の利用・管理体制の必要性について示唆された。
「里海シンポジウムin七尾湾」や体験学習会などにより、県民の間で「里海」に対する認知度は高まっていると思われる。
なお、里海創生支援モデル事業の他にも、参加団体において里海に関連する活動が行われている。
七尾湾里海マップ(おもてPDF:3,958KB(リンク:石川県))
七尾湾里海マップ(うらPDF:4,380KB(リンク:石川県))

【課題】
海への理解向上のためには、今後も活動の継続が必要であり、また、里海と里山との連環についてなど、調査や研究も必要である。これからの里海創生活動を検討する際には、現時点での課題を再確認し、それに応じた活動が求められる。

活動団体

石川県(外部リンク)
七尾市(外部リンク)
穴水町(外部リンク)
金沢大学能登里山マイスター養成プログラム(外部リンク)
金沢大学能登半島里山里海自然学校(外部リンク)
国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(外部リンク)
のと海洋ふれあいセンター(外部リンク)
能登島ダイビングリゾート(外部リンク)
株式会社御祓川(外部リンク)
・地元漁業者

○印は実施主体を示す

model_back02