総合環境政策

環境コミュニケーション大賞

環境コミュニケーション大賞とは

 「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等や環境活動レポートを表彰することにより、事業者等の環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。 平成9年度より実施され、これまで19回実施されています。

平成27年度 第19回環境コミュニケーション大賞

主催者等

主催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム

協賛:一般社団法人サステナビリティ情報審査協会

協力:一般財団法人持続性推進機構、日本公認会計士協会

後援:株式会社東洋経済新報社、一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、株式会社日本取引所グループ

表彰部門

【環境報告書部門】
CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)報告書や持続可能性報告書なども含む環境報告書等を対象


【環境活動レポート部門】
エコアクション21に基づく環境活動レポートを対象

応募概要

応募要領等は、第19回「環境コミュニケーション大賞」募集について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/101510.html をご覧下さい。

応募作品総数:302点(前回304点)
(内訳)

  • 環境報告部門:195点(前回191点)
  • 環境活動レポート部門:107点(前回113点)

平成27年度 第19回環境コミュニケーション大賞 受賞作品決定について

詳細につきましては、第19回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/102026.htmlをご覧下さい。

平成27年度 第19回環境コミュニケーション大賞表彰式が挙行されました。

日時:平成28年2月24日(水) 13:30~16:30
会場:品川プリンスホテル メインタワー36階「ガーネット」

表彰式の第一部では、三好総合環境政策局長挨拶に続き、山本良一審査委員長(東京大学名誉教授)により『優良賞』の表彰状授与が行われました。第二部は、大臣表彰(4企業)、優秀賞各賞の表彰式、受賞者代表挨拶(イオン株式会社)、後藤敏彦氏(環境報告書部門選考WG座長、村上智美氏(環境報告書部門選考WG委員)による、「講評」、山本良一審査委員長による特別講演が行われました。また、第二部には、丸川環境大臣が出席、主催者挨拶、大臣賞表彰状授与が行われました。

★講評資料はこちら↓

 第19回環境コミュニケーション大賞 環境報告書部門講評(資料) [PDF 319KB]

 第19回環境コミュニケーション大賞 環境報告書部門講評(表彰式当日のコメントなど) [PDF 254KB]

★当日の様子は、フォトレポートをご覧下さい

 環境省ホームページ(フォトレポート)

 http://www.env.go.jp/guide/photo_report/archive_201602.html

●問い合わせ先

環境省総合環境政策局環境経済課 03-5521-8240 (企業行動係:内線 6268)

これまでの環境コミュニケーション大賞

 これまでの受賞者・講評・概要につきましては、下記リンクをご覧ください。

参考資料

 (財)地球・人間環境フォーラムのページ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ