ここから本文です。

地図

国立公園内の見どころの位置関係がわかる地図が掲載されています。PDFリンクからご覧ください。

交通アクセス

アクセスルートは一例です。詳しくは各交通機関の窓口・ホームページなどでご確認ください。

※各区間の所用時間は目安です。

コース1
東京駅
北陸新幹線(約105分)
長野駅
アルピコ交通バス(約60分)
戸隠中社
コース2
東京駅
北陸新幹線(約105分)
長野駅
北しなの線(約45分)
妙高高原駅
頸南バス(約10分)
池の平 いもり池入口

宿泊エリア

国民保養温泉地に指定された温泉地を含むエリアには、この目印を付けています。国民保養温泉地とは、温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、環境大臣が指定するものです。

笹ヶ峰

標高1,300mに広がる笹ヶ峰高原には、多くの遊歩道が整備されています。遊歩道の途中には笹ヶ峰牧場があり、牧場内には平成の名水百選に選ばれた「宇棚の清水」が湧き出るなど、自然と人とのつながりを伺うことができます。国内最大級のキャンプ場があり、フリーサイト200張、オートサイト83サイト、レンタルテント80張などを備えています。

五最杉

宿泊施設として休暇村妙高があり、近辺では史跡めぐり、自然散策、ゴルフ、スキーなどを楽しむことができます。日帰り入浴が可能な展望温泉浴場も自慢です。

いもり池

いもり池は、妙高高原の池の平温泉にある周囲500mの池です。所要時間15分ほどで池を一周する遊歩道があり、手軽な散歩コースとしても人気です。池の平温泉は、ビギナーから上級者までに人気の「池の平温泉スキー場」のある温泉街で、ホテル、旅館、ペンション、ロッジといった多数の宿泊施設があります。

妙高高原温泉

妙高高原温泉は、国民保養温泉地である関・燕温泉をはじめとする7つの温泉地で構成された5つの泉質、3色の温泉が楽しめます。ホテルや旅館、民宿等があり、妙高登山や山麓の自然探勝、スキーなどの利用拠点として利用されています。

小谷温泉

小谷温泉は、長野県と新潟県の県境、標高850mの山腹にある国民保養温泉地です。1555年に武田信玄の家臣によって発見され、450年以上の歴史があり、湯治場として長く愛されています。百名山の雨飾山への登山や鎌池の散策の際にも立ち寄ることができます。

戸隠

平安時代から修験者のメッカとして知られる戸隠連峰や、参道に並ぶスギの巨木が有名な戸隠神社があり、信仰と歴史のあるエリアです。また、冬にはスキーやスノーシューを楽しむこともできます。「ぼっち盛り」された戸隠そばも有名で、お店ごとに違う味を食べ比べてみてください。中社・宝光社地区には宿坊が多く並び、越水地区にはペンションや山小屋が点在しています。

施設

妙高高原ビジターセンター

妙高高原ビジターセンターの写真
妙高山麓のいもり池に隣接しているビジターセンターです。妙高地域の自然と、人々の営みがわかりやすく展示されています。解説パネルや模型だけでなく、「さわってみよう」、「のぞいてみよう」など、楽しみながら自然を学べる展示コーナーもあります。季節ごとに自然観察会や写真展・クラフト教室などのイベントも開催しています。
所在地 新潟県妙高市関川2248-4
連絡先 0255-86-4599 (Tel)
開館時間 9:00~17:00
休館日 無休(ただし、12月~3月は水・木、年末年始は休み)
利用料 無料
関連リンク http://www.myokovc.jp/

八十二森のまなびや ~ecology bank 82 戸隠森林館~

八十二森のまなびやの写真
野鳥の観察地として有名な戸隠森林植物園のリアルタイムの見どころやイベントなどの情報を提供しています。また、体感ジオラマ「戸隠の森林探検」や3画面からなる大型マルチビジョンシアターでは、変化に富んだ戸隠の四季を体感できます。植物園内は一部バリアフリー木道が整備され、多くの方が散策を楽しんでいます。
所在地 長野県長野市戸隠 戸隠森林植物園内
連絡先 026-254-2200 (Tel)
開館時間 9:30~17:00 (4月下旬~12月上旬の期間中)
休館日 毎週月曜(月曜日が祝日・振替休日の場合は、翌日)及び12月上旬~翌年の4月下旬まで
利用料 無料
関連リンク http://www.pref.nagano.lg.jp/nagachi/nagachi-rimmu/shokonorin/kenerin/manabiya21.html

野尻湖ナウマンゾウ博物館

野尻湖ナウマンゾウ博物館の写真
野尻湖畔にある、野尻湖とその周辺の歴史について研究・展示している博物館です。発掘された化石をもとに作った実物大のナウマンゾウやオオツノジカの復元像、野尻湖の自然の展示・解説などがあります。各種体験イベントなども開催しています。
所在地 長野県上水内郡信濃町野尻
連絡先 026-258-2090 (Tel)
開館時間 通常(3月20日~11月30日):9:00~17:00
冬期営業(12月1日~3月19日):(平日)9:00~17:00
(土・日・祝日)9:30~15:45
休館日 5・6・9・10・11月の末日(日曜、祝祭日の場合は翌日休館)、冬期は要問合せ。
利用料 一般 500円、小中学生 300円。
関連リンク http://nojiriko-museum.com/

連絡先一覧

中部地方環境事務所
〒460-0001
愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2
Tel: 052-955-2130 Fax: 052-951-8889
http://chubu.env.go.jp/

信越自然環境事務所
〒380-0846
長野県長野市旭町1108
長野第一合同庁舎
Tel: 026-231-6570 Fax: 026-235-1226

妙高高原自然保護官事務所
〒949-2112
新潟県妙高市大字関川2279-2
Tel: 0255-86-2441 Fax: 0255-86-2464

戸隠自然保護官事務所
〒381-4102
長野県長野市戸隠豊岡9794-128
Tel: 026-254-3060 Fax: 026-254-3089