国際的な取り組み

ICRI総会の開催記録

ICRI総会は、通常、年1~2回、国際サンゴ礁学会などの関連国際会合と併せて開催されています。総会の出席メンバーは、ICRIメンバー国、国際銀行、国際機関、NGO、研究機関、民間機関などの代表者で構成されています。総会では各地域の代表者や各国の関連研究者などの出席も奨励していて、オブザーバーの参加も認められています。

総会はICRIの最高意思決定機関で、予めメンバーによって寄せられた複数の議題について議事が進められ、活発な議論が展開されます。その結果、総会決議や行動声明などが採択されます。ICRI事務局や総会の出席メンバーは、これらの結果を踏まえて事務局を運営したり、各国や各機関に結果を持ち帰ってそれぞれの立場で活動を遂行したりしています。

回数 開催時期 開催場所 事務局※
詳細第31回 2016年11月2日~4日 パリ(フランス) フランス、マダガスカル
詳細第30回 2015年10月29日~11月1日 タイ(バンコク) 日本、タイ王国
詳細第29回 2014年10月20日~23日 日本(沖縄)
詳細第28回 2013年10月14日~17日 ベリーズ(ベリーズシティ) オーストラリア、ベリーズ
詳細第27回 2012年7月16日~19日 オーストラリア(ケアンズ)
詳細第26回 2011年12月12日~15日 フランス海外県レユニオン フランス、サモア
詳細第25回 2010年11月8日~12日 サモア(アピア)
詳細第24回 2010年1月12日~15日 モナコ公国
詳細第23回 2009年4月20日~23日 タイ(プーケット) アメリカ、メキシコ
詳細第22回 2008年7月12日~13日 アメリカ(フロリダ)
詳細第21回 2008年1月22日~25日 アメリカ(ワシントン)
詳細第20回 2007年4月22日~24日 日本(東京) 日本、パラオ共和国
詳細第19回 2006年10月22日~23日 メキシコ(コズメル)
第18回 2005年10月31日~11月2日 パラオ(コロール)
詳細第17回 2005年4月25日~28日 セイシェル共和国(ビクトリア) イギリス、セイシェル
詳細第16回 2004年7月3日~4日 日本(沖縄)
第15回 2003年11月17日~19日 タークス・カイコス諸島
第14回 2003年5月8日~9日 スイス(グラン)
第13回 2002年6月15日~16日 メキシコ(カンクン) スウェーデン、フィリピン
第12回 2001年11月29日~30日 モザンビーク(マプート)
第11回 2000年10月28日~29日 フィリピン(セブ) フランス
第10回 2000年10月28日~29日 インドネシア(バリ)
第09回 2000年5月25日~26日 ニューカレドニア(ヌーメア)
第08回 1999年10月28日~29日 フランス(ガンドゥロープ)
第07回 1999年3月15日~16日 フランス(パリ)
第06回 1998年11月24日~27日 オーストラリア(タウンズビル) オーストラリア
第05回 1998年6月2日~3日 シンガポール(シンガポール)
第04回 1997年10月9日~11日 アメリカ(ワシントン)
第03回 1997年4月8日~9日 オーストラリア(キャンベラ)
第02回 1996年2月2日~5日 アメリカ(ワシントン) アメリカ
第01回 1995年5月29日~6月2日 フィリピン
※ICRIは、メンバー国の持ち回りで2年ごとに交代する事務局によって運営されています。
近年では、途上国の意見をより反映させていくという観点から、途上国と先進国が共同で事務局を引き受けるようになっています。