地球環境・国際環境協力

オフセット・クレジット(J-VER)制度の関連事業概要

平成22年度

1.温室効果ガス排出削減・吸収クレジット創出支援事業(平成21年度第2次補正予算事業)

【事業概要】
 中小企業や農林業における新たな排出削減・吸収分野を開拓するため、オフセット・クレジット(J−VER)の創出に対し、以下の事業を対象に設備投資等への補助(上限:50百万円、補助率:1/3)を実施します。事業の詳細はこちら:温室効果ガス排出削減・吸収クレジット創出支援事業 [PDF 326KB]
  • 新たにJ−VER創出の対象となりうる排出削減・吸収分野の事業の計画、実施、評価、J−VER創出の事業
  • 持続可能な森林経営、木質バイオマス、廃食用油由来バイオディーゼル燃料の利活用等のJ−VER対象事業で、地域興しと一体として取り組んでいる等の先進的な事業
  • その他、J−VER制度活用のための申請、第三者検証受検費用等
【公募情報】
【報道発表資料】
 ○設備補助
 ○プロジェクト支援

平成21年度

1.オフセット・クレジット(J-VER)制度検証等効率化事業

【事業概要】
 J-VER制度における、クレジット(J-VER)の認証に係る有効化審査(バリデーション)、第三者検証等の一連のプロセスを効率化し、制度の活用を促進します。事業の詳細はこちら:J-VER制度検証等効率化事業 [PDF 506KB]
【報道発表資料】

2.オフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業

【事業概要】
 J-VER制度の活用を一層促進するため、本制度の活用を希望する温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトを行う事業者の方々に対し、[1]申請書作成支援及び[2]モニタリング報告書の作成、検証受検支援等を行い、[1]については27事業者、[2]については16事業者を採択しました。
【報道発表資料】

3.オフセット・クレジット(J-VER)先進事例創出モデル事業

【事業概要】
 市場ニーズの高いオフセット・クレジット(J-VER)を創出するため、平成20年に引き続き、J-VER制度の対象となるプロジェクトアイデアを5件採択し、新たにJ-VER制度の対象とするためのモデル事業として実施しました。
【報道発表資料】

4.オフセット・クレジット(J-VER)全国説明会

【事業概要】
 J-VER制度を活用したカーボン・オフセットの取組を推進するために、地方公共団体及び企業を対象に、J-VER制度に関する説明会を開催しました。また、同時に、J-VER制度の利用を検討されている方を対象とした、個別相談会を実施しました。
【報道発表資料】

平成20年度

1.オフセット・クレジット(J-VER)先進事例創出モデル事業

【事業概要】
 市場ニーズの高いオフセット・クレジット(J-VER)を創出するため、J-VER制度の対象となるプロジェクトアイデアを6種類(9件)採択し、新たにJ-VER制度の対象とするためのモデル事業として実施しました。
【報道発表資料】

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ