共通ナビゲーションを飛ばす
TOP
環境省 > 地球環境・国際環境協力 > 国際環境協力 HOME > 分野別の取組み > 廃棄物・リサイクル対策
Loading

分野別の取り組み

廃棄物・リサイクル対策

環境省では、開発途上地域等における、生活環境の保全及び資源の有効利用の観点から、廃棄物等の発生抑制、循環資源のリユース・リサイクル及び適正処分の推進に取り組んでいます。

施策(予算)名 アジア太平洋3R推進フォーラム
概要 我が国の提唱により、アジア各国における3Rの推進による循環型社会の構築に向け、アジア各国政府、国際機関、援助機関、民間セクター、研究機関、NGO等を含む幅広い関係者の協力の基盤となるものとして、平成21年11月に設立されました。

3Rに関するハイレベルの政策対話の促進、各国における3R関連プロジェクトの実施促進、3R推進に役立つ制度面・技術面の情報の共有、関係者のネットワーク化等を目的としており、環境省は、国連地域開発センター(UNCRD)、開催国政府機関とともに毎回主催者となっています。
対象国・地域 アジア、大洋州
進捗・成果 2009年 第1回会合(設立会合)が日本で開催されてから現在までに、7回の会合が開催されています。これまでの主な成果として、第4回会合でアジア太平洋地域における3Rの推進のための2013〜2023年の間の政策目標であるハノイ3R宣言を採択しました。また、2016年11月2〜4日にオーストラリア・アデレードにて開催された第7回会合には、アジア諸国・太平洋島嶼国等(41カ国)から政府(大臣・副大臣を含む)、国際機関、民間企業、NGO、専門家等350名超の参加者が出席したほか、我が国からは伊藤環境副大臣ほかが出席しました。同会合で議論された主な内容は以下の通りです。

@SDGsに向けた3Rの貢献〜持続可能な開発2030アジェンダにおける政策と科学的な洞察〜
A強靱な都市と社会に向けた3Rと資源効率性〜SDGsに向けた示唆〜
B地域開発のための地方の資源と廃棄物の管理の基礎としての3R
C3R技術と実践の進化〜民間企業のイニシアチブ〜
D資源効率性に向けた中小企業のグリーン化
E3Rのための自治体間のネットワークと協力
F有害な化学品と廃棄物の最小化におけるグリーンケミストリー

なお、第7回会合の成果文書として、アデレード3R宣言及び議長サマリーが採択されました。

※第8回会合は、2017年12月にインドにて開催予定(時期は未定)
担当課 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
関連ウェブサイト
最終更新日 2017年3月