報道発表資料

平成24年3月23日
自然環境
この記事を印刷

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第二回定例会合の結果について(お知らせ)

 3月13−14日にケニア・ナイロビにおいて、「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第二回定例会合」が開催されました。
 本会合では、「自然共生社会の実現に向けた戦略」をテーマに、SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)の総会と情報の共有等を目的とした公開フォーラムが行われました。

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)

 SATOYAMAイニシアティブは、二次的自然環境における生物多様性の保全やその持続可能な利用の促進のため、環境省及び国際連合大学高等研究所が中心となって提唱してきた取組みです。IPSIは本イニシアティブの活動を促進するため、平成22年に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の期間中、国・地方政府、研究機関、国際機関、NGO、民間企業等、多様な主体の参加を得て発足した国際パートナーシップです。

1.実施主体

主催:IPSI
後援:在ケニア日本大使館

2.目的

総会:IPSIの今後の運営や活動の方向付けを行うこと。
公開フォーラム:IPSIのメンバーのみならず、メンバー以外へもIPSI及び各メンバーの活動を紹介し、協力や連携を図ること。

3.日程

平成24年3月13日(火)−14日(水)

4.開催地

ワールド・アグロフォレストリー・センター(ケニア・ナイロビ)

5.本会合のテーマ

自然共生社会の実現に向けた戦略

6.参加者数

58のIPSI参加団体より約90人が参加しました。

7.会合の概要と成果

〇総会 3月13日(火)午前【非公開】
第1回定例会合後、これまでのIPSI運営委員会の活動報告(43団体のIPSI新会員の承認、12件の新たな協力活動の承認、IPSI戦略の素案の発表等)がありました。
これまでに承認された協力活動のうち、インクカートリッジ里帰りプロジェクトや、岩手県大槌町吉里吉里地区の暮らしの復興に関する映像等が紹介されました。
IPSI第3回定例会合については、生物多様性条約締約国第11回会合(インド・ハイデラバード)に合わせ開催する方向で、インド政府機関と調整を行っている旨、IPSI事務局から発表がありました。
〇公開フォーラム 3月13日(火)午後及び3月14日(水)
トニー・サイモン ワールド・アグロフォレストリー・センター所長、アルフレッド・オテング・ヤボア IPSI運営委員会議長、高田稔久 在ケニア特命全権大使より挨拶がありました。
武内和彦 国際連合大学副学長による基調講演(テーマ:SATOYAMAイニシアティブ〜自然共生社会に向けた次のステップ(仮訳)〜)が行われました。
基調講演に続き、下記の3つのテーマに関する分科会を中心として情報共有や意見交換、さらに分科会を通じて浮き彫りにされたニーズや課題を踏まえての行動計画とそれに関する協力活動の立案が行われました。
(1)災害リスクマネジメントを含む社会生態学的生産ランドスケープにおけるレジリエンスの把握と推進
(2)社会生態学的生産ランドスケープの回復に関する経験の共有
(3)伝統的知識の向上と若い後継者の育成を通じた地域コミュニティの活性化
各分科会では、IPSI会員団体による発表に続き、今後の行動計画策定のための活発な意見交換が行われました。日本の参加団体からは、旭化成株式会社と延岡市による木質バイオマス発電の取組、東北大学大学院生命科学研究科、CEPAジャパンとアースウォッチ・ジャパンによる東日本大震災からの復興に向けた「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」、共存の森ネットワークによる伝統的知識の継承と後継者育成のツールとしての「聞き書き」の活動が紹介されました。
引き続き、IPSI会員により、今後の協力活動の実施に向けてフォローアップを行うことが決まりました。

8.その他

公開フォーラムの概要、発表資料等については、近日中に、以下のウェブサイトに掲載する予定です。
【SATOYAMAイニシアティブウェブサイト】
日本語 http://satoyama-initiative.org/jp/
英 語 http://satoyama-initiative.org/en/
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
直通   :03-5521-8275
代表   :03-3581-3351
室長   :奥田 直久(内線 6480)
室長補佐:伊奈 康治(内線 6476)
係員   :田邊 依里子(内線 6486)

ページ先頭へ