報道発表資料

令和3年2月2日
総合政策
この記事を印刷

~環境大臣杯全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020~全国の頂点に輝いたグランプリチームが決定!

環境省では、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクトを発足させ、コラボ企画として、"資源の大切さ"、"3R"をテーマとして、全国の高校生たちがパフォーマンスを競い合う「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」を開催しています。
 このたび、令和3年1月31日(日)に渋谷ストリームホール(東京都渋谷区)にて開始を予定していた全国大会は、新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて開催を中止しました。
 そこで、全国から選出された21チーム(13校)については、エントリーされた予選用のパフォーマンス動画の審査内容から、グランプリ(環境大臣賞)や新人賞等の各賞を決定しましたので、お知らせします。
 グランプリに輝いたチームには、優勝カップが授与されるほか、2021年大会のキービジュアルに採用されます。

 

1.環境大臣杯"全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020"グランプリチームが決定!

 環境省では、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(平成24年10月施行)や「持続可能な開発のための教育:SDGs達成に向けて」(「ESD for 2030」)に基づき、ユース層等の若年層に対して、環境保全の理解と関心を深め、環境保全活動を行う意欲の増進や取組への参加促進を進めています。この一環で、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクト(以下「本高校生プロジェクト」という。)を2020年に発足させました。(詳細下記3参照)

 このたび、グランプリ(環境大臣賞)チーム他受賞チームが決定しましたので発表します。

 当初は、全国の高等学校からエントリーされた中から、予選を勝ち抜いた21チームが、令和3年1月31日に、渋谷ストリームホール(東京都渋谷区)で開催する全国大会において、審査員によるメッセージ性の表現、テクニック、シンクロ、演出など幅広い視点により、日本一を競い合うこととなっておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、1月8日に発令された緊急事態宣言を受けて、全国大会開催を中止することといたしました。

 そこで、全国大会に出場する予定であった21チーム(13校)については、エントリーされた予選用のパフォーマンス動画の審査内容を基に、審査員の確認を踏まえ、「グランプリ」(環境大臣賞)や「新人賞」(1年生チームの最優秀賞)、「準優勝」、「3位」、「メッセージ賞」(テーマ表現に優れたチーム)を決定しましたので、お知らせいたします。

 表彰式は執り行いませんが、受賞チームには後日、各賞の賞状、トロフィーを送付するほか、協力企業より副賞が送られます。(詳細は下記参照)

 また、グランプリに輝いたチームには、次大会まで貸与される優勝カップが授与されるほか、2021年大会のキービジュアルに採用されます。

 なお、ダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル」にて予定していた特別番組は、中止となりました。




<グランプリ>

チーム「Bailar(混合構成:12名)

タイトル「今-未来 繋ぐパワー」

東葉高等学校

副賞:カシオBABY-G(提供:カシオ計算機株式会社)



<新人賞>

チーム「Jasper」(1年生:12名)

タイトル「ST.girls」

千葉敬愛高等学校

副賞:DOVE(提供:ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社

 Re-Style DANCE CUP!に参加する高校を応援するとともに、頑張るその"美しさ"も応援します!

 全国大会の受賞チームへ、副賞として、DOVEボディ1年分を提供いたします。うるおいをたっぷり含んだキメ細かな濃密泡、リッチでクリーミーな泡のダヴでダンスの後は、しっかりと汗を流してください。



<準優勝チーム>

チーム「LUNA(2年生:12名)

タイトル「自然の循環」

千葉県立四街道高等学校

副賞:きき湯ファインヒートリセットナイト(提供:株式会社バスクリン)

 全国大会の受賞チームへ、副賞として「きき湯ファインヒートリセットナイト400g」を提供します。

 元気なパフォーマンスを披露してくれた高校生を高濃度炭酸ガスと生薬でサボートします。



<第3位>

チーム「斬月」(3年生:11名)

タイトル「この瞬間絶えず循環」

二松學舍大学附属高等学校

副賞:プロポ(提供:ロート製薬株式会社)

 『プロポ』(ロート製薬株式会社)はRe-Style DANCE CUP!に参加する高校生を応援します。

 植物性プロテインでタンパク質をおいしくチャージ。

 2020大会の受賞チームへ副賞として『プロポ』を提供いたします。



<メッセージ賞>

チーム「愛知教育大学附属高等学校チームBFL」(複合構成:10名)

タイトル「Bag For Life」

愛知教育大学附属高等学校

副賞:ZIPLOC®(提供:旭化成ホームプロダクツ株式会社

 ダンスの練習着などをまとめて入れられる特大サイズのZiploc® Style ストレージバッグXLサイズやカバンの中の小物整理に便利なM/Lサイズなどを、2020大会の受賞チームへ副賞として提供いたします。




<全国大会出場21チーム>(都道府県順)

【チーム名】         【学校名】         【パフォーマンスタイトル】

 〇チーム「azure」      宮城県宮城第一高等学校        水の精霊  

 〇チーム「morph」      埼玉県立杉戸高等学校        めぐる世界の環の中に

 〇チーム「Sergeant」    埼玉県立杉戸高等学校         絆ぐ→サスティナブル

 〇チーム「Genesis」     川口市立高等学校           千変万化

 〇チーム「M/D Crew」   武蔵野高等学校            未来につなぐ

 〇チーム「斬月」      二松學舍大学附属高等学校       この瞬間絶えず循環

 〇チーム「FREAKS」    二松學舍大学附属高等学校       eredet

 〇チーム「紫陽花」     日本体育大学荏原高等学校       和

 〇チーム「虹雨」      日本体育大学荏原高等学校       虹〜未来への架け橋〜

 〇チーム「Pollution」    神奈川県立川崎北高等学校       川崎北ポリューション

 〇チーム「Bailar」     東葉高等学校             今-未来 繋ぐパワー

 〇チーム「Jasper」     千葉敬愛高等学校           ST.girls

 〇チーム「Wedius」     千葉敬愛高等学校           reborn

 〇チーム「LUNA」     千葉県立四街道高等学校        自然の循環

 〇チーム「NEOWISE B」  千葉県立四街道高等学校        私たちが繋ぐ未来

 〇チーム「モナーズ」    千葉県立四街道高等学校        今できる事を始めよう

 〇チーム「静岡県立清水西高等学校」  静岡県立清水西高等学校   環(わ)

 〇チーム「トイペ」     愛知教育大学附属高等学校       トイペになろうよ!!

 〇チーム「NR」       愛知教育大学附属高等学校       New Road

 〇チーム「BFL」      愛知教育大学附属高等学校       BagForLife

 〇チーム「SERIOUS FLAVOR」  三重高等学校          循環

(※全チームのパフォーマンス動画は、後日、専用ページに掲載予定です。)




2.環境大臣杯"全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!"2020

 本大会は、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(平成30年6月閣議決定)に基づき、"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージに、サブカルチャーなどと連携した新たなコンテンツ発信等により、資源の大切さや3R(リデュース:省資源、ごみの発生抑制、リユース:シェアリングや長期の再使用、リサイクル:分別、資源の再生利用)への態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業(詳細下記4参照)と連動して実施するものです。

 高校生たちにも関心の高い高校ダンスとコラボレーションすることで、より多くの高校生たちとの関係性(リレーションシップ)を構築するとともに、参加する高校生たちが、本大会の条件である「テーマ」や「課題曲」のメッセージをどう表現するか考えることで、同テーマへの理解や共感を促し、ライフスタイルの転換など行動へ結びつけていくことを目指していきます。

 全国的に部活動として盛んな活動が行われる中、特に生徒たちの自主性や協調性を重視する点が、ESD(Education Sustainable Development:持続可能な開発のための教育) の視点などと共通することから、新たな環境教育の場として可能性を広げていくことも視野に「全日本高等学校ダンス連盟」等の関係機関等と連携しながら実施していきます。

環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020大会】https://kankyo-kokosei.jp/dance2020/

 ※2020年大会キービジュアルは、「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP 2019」優勝チーム

  三重高等学校(三重県松阪市)ダンス部『SERIOUS FLAVOR』の皆さんです。

 (詳しくは下記サイト若しくは下記の特別番組を御覧ください。)

 <ダンス専門チャンネル"ダンスチャンネル"独占放送

 「環境省主催「Re-Style DANCE CUP!2019」全国大会>

 https://www.dance-ch.jp/kids/re-styledancecup2019.html



<エントリー要件>

全国の高校1年生~3年生(2人~12人で構成されたSmallチーム※)

(※「新人賞」は高校1年生のみで構成されたチームが対象となります。)

<テーマ>

"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージとした

"Re-Style"と"3R"や"限りある資源の大切さ"

<参加条件>     

  ① 環境省 Re-Style ソング"巡り循った環の中に"を課題曲とする

  ②「資源の大切さ」「3R」をテーマとしたダンスパフォーマンス

  ③ パフォーマンスのタイトル(10文字以内)

<課 題 曲>

 課題曲は、以下のいずれかによるものとします。

  ①環境省が提供するダンスリミックス曲を使用又は編曲して活用する

  ② 課題曲を自ら編曲した3分以内のダンスリミックス曲を活用する

<各 賞>

  ・グランプリ(優勝=環境大臣賞、2021年大会キービジュアル等)

  ・新人賞(1年生のみのチームの中でのグランプリ)

  ・準優勝

  ・第3位

  ・メッセージ賞(テーマ表現に優れたチーム)

  ・その他部門賞(テーマ賞、テクニック賞、ストーリー賞、オリジナル賞等)

<審査基準>

 審査にあたり考慮する項目は次のとおりです。

  A.メッセージ性     ・・・課題曲のメッセージ(歌詞やテーマ)の表現

  B.テクニック      ・・・ダンス基本技術

  C.音感技術       ・・・選曲に対するリズム感・解釈・グルーブ

  D.シンクロ&チームワーク・・・合わせの制精度、協調性など

  E.演出&構成      ・・・時間軸と空間軸での構成能力、演出力など





                  <2019年第1回大会の模様>




3.(参考)"環境×高校生プロジェクト"

 環境省では、ユース層等の若年層に向けた情報発信と、環境保全についての理解と関心を深め、環境保全活動を行う意欲の増進や取組への参加促進を目的として、様々な分野で活躍する一方で、環境問題等に関して特別に意識する機会が少なかった高校生たちを"環境の視点"から応援する本高校生プロジェクトを発足させました。

 本高校生プロジェクトは、高校生たちの関心の高い分野とのコラボレーション企画を実施することで、未来を担う高校生たちの更なる飛躍・活躍を応援するとともに、これまで接する機会が少なかった環境に関する意識や共感を深めてもらうことを目的としたものです。

 コラボレーション企画は、現在、環境省が推進している4つの環境プロジェクト、地球温暖化防止を呼び掛ける「COOL CHOICE」、循環型社会の新しいライフスタイルを提唱する「Re-Style」、豊かな森里川海の恵みを支える社会を目指す「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」、国立公園の魅力を発信する「国立公園満喫プロジェクト」とそれぞれ連動した参加型企画を、今後、状況を鑑みながら展開していく予定です。(詳細はサイトを参照)

 本高校生プロジェクトを通じて、これまで環境省と接点のなかった高校生たちとの新しい関係性(リレーションシップ)を構築することで、より多くの高校生たちへ、幅広い環境課題等について"知る機会"、"考える機会"を創出し、理解と共感を高め、ライフスタイルの転換など、行動変容へと結びつけていくことを目指していきます。

(「環境×高校生プロジェクト」サイト) https://kankyo-kokosei.jp/

(「つなげよう、支えよう!森里川海プロジェクト」サイト)

  https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html

(「国立公園満喫プロジェクト」サイト) http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/

(「COOL CHOICE」サイト) https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/




4.(参考)Re-Style

 環境省では、循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。

 また、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらうため、様々なコンテンツを発信する環境省Webサイトの名称としても活用し、全国で一体感をもった取組として推進しています。

 「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」を、キーメッセージに「3R」の取組を多くの方々に知ってもらい、自分たちの暮らしに取り入れてもらうよう、環境の面だけではなく、歌やダンス、アニメや動画などのサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信し、楽しみながら3Rについて知り、循環型社会のライフスタイル「Re-Style」をはじめていただけるような情報をお届けしている取組です。




5.(参考)循環型社会推進「応援ソング」【巡り循った環の中に(めぐりめぐったわの中に)】

 環境省では、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらう"きっかけ"として、歌詞を通じて皆さまへメッセージを届ける新たなコンテンツRe-Style応援ソング"巡り循った環の中に"のほか、全4曲を制作し、環境省行事をはじめ、地方公共団体や民間企業等において、様々な場面で活用いただいております。

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231
  • 室長三木 清香(内線 6240)
  • 室長補佐田中 道雄(内線 6807)
ページ先頭へ