報道発表資料

令和2年9月11日
総合政策
この記事を印刷

今年の "決勝 の舞台"(ステージ)は渋谷 だ!2021年1月31日(日)全国大会開催!"環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020"エントリー受付11月25日まで!

 環境省では、環境教育等促進法等に基づき、ユース層等の若年層に対して環境保全の理解と関心等を促進するため、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクトを発足させました。(詳細下記5参照)
 このたび、プロジェクト企画として開催中の「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」の全国大会を2020年1月31日に渋谷ストリームホールにて開催することが決定しましたのでお知らせします。
 さらに全国大会では、ダンサーのKENSAKUさんをメインMCに迎え、ダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル」による独占放送も実施します。
 また、新型コロナウィルスの影響による全国の高等学校等の部活動への影響に鑑み、エントリーの受付期間を10月30日から11月25日までに延長します。
 入念なコロナウィルス感染防止対策を取った上で、コロナ禍に負けない元気なパフォーマンスをお待ちしています!

1. 2020年大会"決勝の舞台"は"渋谷ストリーム ホール"!

 環境省では、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(平成24年10月施行)や「持続可能な開発のための教育:SDGs達成に向けて」(「ESD for 2030」)に基づき、ユース層等の若年層に対して、環境保全の理解と関心を深め、環境保全活動を行う意欲の増進や取組への参加促進を進めています。この一環で、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクト(以下「本高校生プロジェクト」という。)を2020年に発足させました。(詳細下記5参照)

 高校生たちの関心の高い分野とコラボレーションすることで、未来を担う高校生たちの更なる飛躍・活躍を応援するとともに、環境に関する意識や共感を深めてもらうことを目的とした本高校生プロジェクト企画として、"資源の大切さ"、"3R"をテーマとして、全国の高校生たちがパフォーマンスを競い合う、新しいダンス大会「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」(以下、「本大会」という。)を昨年に引き続き、今年も開催しています。

【環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020大会】 

https://kankyo-kokosei.jp/dance2020/

※2020年大会キービジュアルは、「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP 2019」優勝チーム

 三重高等学校(三重県松阪市)ダンス部『SERIOUS FLAVOR』の皆さんです。

(詳しくは下記サイト若しくは下記の特別番組をご覧ください。)

<環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP 2019大会>

http://www.re-style.env.go.jp/dance2019/

<ダンス専門チャンネル"ダンスチャンネル"独占放送「環境省主催Re-Style DANCE CUP!2019全国大会」>

https://www.dance-ch.jp/kids/re-styledancecup2019.html

 本大会では、一次審査を動画審査としており、エントリーいただいた全てのパフォーマンス動画を、有名プロダンサーや高校ダンス関係者などの豪華なメンバーによる審査員によって審査し、最大で20チームに決勝大会となる「全国高等学校Re-Style DANCE CUP2020全国大会」(以下「全国大会」という)に出場していただきます。

 このたび、その全国大会を2021年1月31日(日)に「渋谷ストリーム ホール」(東京都渋谷区)において開催することとしましたので、お知らせします。

 さらに全国大会のメインMCには、伝説のダンスチーム「BRONX」のメンバーとしてBREAK DANCEシーンの火付け役のひとりとなったダンサーのKENSAKUさんを迎えて、全国から勝ち上がってきた高校ダンス部の皆さんをお待ちしています。

 また、全国大会の模様は、ダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル」のご協力の下、開会式(優勝カップ返還等)から優勝チームの発表まで、全国大会をまるごと放送いたします。

 本大会のエントリー受付期間は「11月25日(水)」まで延長いたします。

入念なコロナウィルス感染防止対策を取った上で、コロナ禍に負けない元気なパフォーマンスをお待ちしています!

©渋谷ストリーム

【全国大会 概要】

〇開催日時:2021年1月31日(日)

      開場:11:00~(予定) 開始:12:00~(予定)

(詳細は後日、全国大会出場チームの発表と合わせて公表します。)

○開催会場:渋谷ストリーム ホール

      (東京都渋谷区東京都渋谷区渋谷三丁目21番3号)

〇アクセス: https://shibuyastream.jp/access/

(※新型コロナウィルス等、社会情勢の変化等に応じて、開催方法等を変更することも想定しています。

  また、全国大会の開催に当たっては、渋谷ストリーム ホールの新型コロナウィルス感染対策ガイドラインを遵守するとともに、東京都の「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン~「新しい日常」の定着に向けて~(第3.1版)」(令和2年9月3日)、緊急事態舞台芸術ネットワーク「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」(令和2年6月30日)等を遵守しながら、本大会独自の取組や専門家の助言を得ながら検討・実施することを予定しています。)

【ダンス専門テレビ局「ダンスチャンネル」で放送・配信!】

 日本初のダンス専門テレビ局「ダンスチャンネル」では、「環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style

DANCE CUP!2020」に参加する高校生たちを応援するために、昨年の2019年全国大会に引き続き、

 今年も 2020 年全国大会の模様を"特別番組"として独占放送・配信します。

 ◇ダンスチャンネル(https://www.dance-ch.jp/)       <2019年大会"特別番組">

<ダンスチャンネルとは...>

 日本初!ダンス専門テレビ局!

 ストリート、キッズ、中・高ダンス部、チア、フラ社交、エクササイズ、K-POP、アイドルダンス、

ダンスボーカルグループ...

 あらゆるダンス満載!見て、踊って、ダンスがもっと好きになる★ダンスファン必見のチャンネル!

【審査員】

2.協力団体として一般社団法人ダンス教育進行連盟JDACが参加!

 スポーツ庁・厚生労働省、各教育委員会等の後援を受け、学校で必修となった『ダンス』の普及・振興のため、全国各地でダンス指導者、インストラクター育成の研修会を開催し、資格(ライセンス)を発行している一般社団法人 ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)に、新たに協力団体として参画いただきました。

 今後、ジェイダックの活動や独自のネットワークを活用して、特にダンス教育を担当される学校教職員や高校ダンス部顧問等へ、本大会の積極的な案内やダンス教育等関係者への周知にご協力をいただく予定です。

 また、ジェイダックが現在推進している「ダンス部応援プロジェクト」とも連動させ、新しくダンス部を設置したような高校も含めて多くの高校に積極的に本大会の参加を促しながら、ダンス部応援プロジェクトとしての活動を促進していく予定です。

(ジェイダック)https://www.jdac.jp/

~ダンス部応援プロジェクトとは?~

 ジェイダックはダンス教育を通じて全国の学校と関わる中で、ダンス部が抱える課題や要望をご相談いただくことが多くなり、その課題に対しましてサポートさせていただいております。

 ・合宿施設を運営している企業とコラボしてのダンス合宿のサポート

 ・有名ブランドとコラボしてのチームウェアの特別価格での提供

 ・割れない、軽い安全な鏡の特別価格での提供

 ・JDAC認定講師等、ダンス指導者の紹介

などあらゆる面からダンス部を応援しています。

 

3.エントリー受付期間を1か月程度延長!

 本大会は、下記の「開催概要」をご覧いただき、専用サイトより、ダンスパフォーマンス動画(エントリー動画)をご送付いただくことでエントリーが可能です。

 また、新型コロナウィルスの影響で、全国の高等学校での部活動等に制限が生じていること等を鑑み、本大会のエントリー受付期間を1か月程度延長し、10月30日(金)"から"11月25日(水)"に変更します

 エントリー動画は全て、審査員により審査基準(詳細下記)に沿って審査を行い、最大で20チームを選考して、「全国大会」での最終パフォーマンスにおいて、グランプリ(優勝=環境大臣賞)等を決定します。

見事にグランプリ(優勝=環境大臣賞)に輝いたチームには、「環境大臣賞」が授与されるほか、「2021年大会のキービジュアル」にも起用されます!

 なお、本大会への参加に当たっては、各学校の部活動等において、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、「令和2年度における小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校における教育活動の再開について(通知)」(令和2年3月24日文部科学省元文科初第1780号)や、同通知別添「Ⅰ.新型コロナウィルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」をはじめ、各都道府県や市町村等において定められたガイドライン等に従って、感染防止対策を徹底した活動をお願いいたします。

<開催概要>

○主 催 : 環境省

○協 力 : 一般社団法人 全日本高等学校ダンス連盟

       一般社団法人 ダンス教育進行連盟JDAC

○受付期間: 7月3日(金)~11月25日(水)24:00まで

○参加費 :無 料

○要 件 :全国の高校1年生~3年生(2人~12人で構成され たSmallチーム※)

      (※「新人賞」は高校1年生のみで構成されたチームが対象となります。)

○テーマ :"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージとした

      "Re-Style"と"3R"や"限りある資源の大切さ"

〇条 件 :① 環境省 Re-Style ソング"巡り循った環の中に"を課題曲とする(※1)

      ②「資源の大切さ」「3R」をテーマとしたダンスパフォーマンス(※2)

      ③ パフォーマンスのタイトル(10文字以内)(※3)

       (※1.課題曲は、以下のいずれかによるものとします。

          ・環境省が提供するダンスリミックス曲を使用または編曲して活用する

          ・課題曲を自ら編曲した3分以内のダンスリミックス曲を活用する)

       (※2.ダンスのジャンルは問いません。)

       (※3.テーマをどう表現したか10文字のタイトルで表してください。

           漢字、片仮名、平仮名、アルファベット、数字の使用を可とします。)

○一次審査:12月頃を予定

○各 賞・グランプリ(優勝=環境大臣賞、2021年大会キービジュアル等)

    ・新人賞(1年生のみのチームの中でのグランプリ)

    ・準優勝

    ・第3位

    ・メッセージ賞(テーマ表現に優れたチーム)

    ・その他部門賞(テーマ賞、テクニック賞、ストーリー賞、オリジナル賞等)

<エントリー方法>

 「専用ページ」(https://kankyo-kokosei.jp/dance2020/)のエントリー フォームから、参加条件を満たしたダンスパフォーマンス動画(エントリー動画)をご送付ください。

 (エントリー作品の受領等に関するお問合せには対応できません。予めご了承下さい。)

 また、特別な事情により、郵送等によるエントリーを希望する場合は、下記の「大会事務局」までお問合せください。)

【審査基準】

  審査にあたり考慮する項目は次のとおりです。

  A.メッセージ性     ・・・課題曲のメッセージ(歌詞やテーマ)の表現

  B.テクニック      ・・・ダンス基本技術

  C.音感技術       ・・・選曲に対するリズム感・解釈・グルーブ

  D.シンクロ&チームワーク・・・合わせの制精度、協調性など

  E.演出&構成      ・・・時間軸と空間軸での構成能力、演出力など

【お問合せ先】   

  環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!2020事務局

           (リトルスタジオインク株式会社内)

  電話番号:03-5784-2658

  メールアドレス:kankyo-dance@little-studios.co.jp

<全国高等学校Re-Style DANCE CUP!とは>

 本大会は、「第四次循環型社会形成推進基本計画」(平成30年6月閣議決定)に基づき、"限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。"をキーメッセージに、サブカルチャーなどと連携した新たなコンテンツ発信等により、資源の大切さや3R(リデュース:省資源、ごみの発生抑制、リユース:シェアリングや長期の再使用、リサイクル:分別、資源の再生利用)への態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業(詳細下記6参照)と連動して実施するものです。

 高校生たちにも関心の高い高校ダンスとコラボレーションすることで、より多くの高校生たちとの関係性(リレーションシップ)を構築するとともに、参加する高校生たちが、本大会の条件である「テーマ」や「課題曲」のメッセージ(※1)をどう表現するか考えることで、同テーマへの理解や共感を促し、ライフスタイルの転換など行動へ結びつけていくことを目指していきます。

 全国的に部活動として盛んな活動が行われる中(※2)、特に生徒たちの自主性や協調性を重視する点が、ESD(Education Sustainable Development:持続可能な開発のための教育) の視点などと共通することから、新たな環境教育の場として可能性を広げていくことも視野に「全日本高等学校ダンス連盟」等の関係機関等と連携しながら実施していきます。

(※1)課題曲は、環境省 Re-Style ソング「巡り循った環の中に」とします。

   但し、自由にダンスアレンジが可能です。また、下記3のとおり、環境省にて、様々なバリエーションの

   ダンスリミックス曲を全33曲をご用意しております。

(※2)2012年より全国の中学校においてリズムダンス授業が全面実施されるなど、ダンスへの関わりや関心が

   急速に高まり、全国でダンス部を有する高校の数は、ここ10年で約2倍(およそ900校から1,800校)に

   拡大するなど大変勢いのある分野。

4.課題曲"巡り循った環の中に"ダンスリミックス2020年新作10曲を追加!

 本大会の課題曲は、資源の大切さや3Rについて知っていただくきっかけとして、環境省が制作したRe-Style応援ソング"巡り循った環の中に"(詳細下記7参照)です。

 参加する高校生の皆さんが、課題曲を聴き、歌詞に込められたメッセージについて理解し、その表現方法を考えるためにテーマについて自主的に話し合うことで、"資源の大切さ"や"環境"について、関心や共感を深めていただけることを期待しています。

 課題曲の「ダンスリミックス曲」は、下記より、ダウンロードが可能です。

 今大会(2020大会)のために、東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校(学校法人滋慶学園)のご協力により、全国6校の生徒たちが制作した渾身の新作を新たに10曲ご用意!

 バリエーション豊かな様々なリミックス曲、総勢33曲を是非ご視聴ください。

<2020年"新作10曲"

1.~クールビューティー!~ Future House アレンジ  <編曲:コ ケイイン, グエンタイ アンカン、

                            Mix:コ ケイイン、Vo: 所弥生>

2.~リズム&キュート!~ addictive hip hopアレンジ   <編曲 : 竹田祥香、Mix : 張成岳、

                            Wrap: :ユン ヨンシク>

3.~"め"で踊れ!~ ジャージークラブアレンジ     <編曲&Mix:鈴木翼>

4.~ワイルド&ビート!~ Old School HipHopアレンジ <編曲&Mix: 張成岳(チョウセイガク)>

5.~ハイテンションで踊り輝け!~ ホープネスアレンジ  <編曲&MIX:松田裕馬>

6.〜疾走感でバクアゲ!〜 Uplifting Tranceアレンジ   <編曲&Mix:柴田明秀>

7.〜80年代を感じろ!〜 Popなシンセウェーブアレンジ <編曲:樊天谷、Mix:樊天谷 、柴田明秀>

8.〜ラテン系HIP HOP!〜 レゲトンアレンジ      <編曲&Mix:新休海斗>

9.~ノッていこうぜ!~ Swing Jazzアレンジ      <編曲&Mix:佐々木乃亜>

10.~優雅に!カフェダンス!~ Bossa Novaアレンジ  <編曲&Mix:村上雅英、Vo: ヨン テユン>

5.(参考)"環境×高校生プロジェクト"

 環境省では、ユース層等の若年層に向けた情報発信と、環境保全についての理解と関心を深め、環境保全活動を行う意欲の増進や取組への参加促進を目的として、様々な分野で活躍する一方で、環境問題等に関して特別に意識する機会が少なかった高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクト"(以下「本高校生プロジェクト」という。)を発足させました。

 本高校生プロジェクトは、高校生たちの関心の高い分野とのコラボレーション企画を実施することで、未来を担う高校生たちの更なる飛躍・活躍を応援するとともに、これまで接する機会が少なかった環境に関する意識や共感を深めてもらうことを目的としたものです。

 コラボレーション企画は、現在、環境省が推進している4つの環境プロジェクト、地球温暖化防止を呼び掛ける「COOL CHOICE」、循環型社会の新しいライフスタイルを提唱する「Re-Style」、豊かな森里川海の恵みを支える社会を目指す「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」、国立公園の魅力を発信する「国立公園満喫プロジェクト」とそれぞれ連動した参加型企画を、今後、状況を鑑みながら展開していく予定です。(詳細はサイトを参照)

 本高校生プロジェクトを通じて、これまで環境省と接点のなかった高校生たちとの新しい関係性(リレーションシップ)を構築することで、より多くの高校生たちへ、幅広い環境課題等について"知る機会"、"考える機会"を創出し、理解と共感を高め、ライフスタイルの転換など、行動変容へと結びつけていくことを目指していきます。

(「環境×高校生プロジェクト」サイト)

https://kankyo-kokosei.jp/

(「つなげよう、支えよう!森里川海プロジェクト」サイト)

https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/index.html

(「国立公園満喫プロジェクト」サイト)

http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/

 本高校生プロジェクト企画として、"地球温暖化"や"地球温暖化の防止につながる行動や考え方"をテーマにした漫画作品を、全国の高校生たちから募集する「全国高等学校COOL CHOICE漫画グランプリ」(以下「本グランプリ」という。)を現在開催しています。

 (エントリー受付期間は、6月4日(木)~12月25日(金)まで)

(「全国高等学校COOLCHOICE漫画グランプリ2020」サイト)

https://kankyo-kokosei.jp/manga2020/

 (「COOL CHOICE」サイト)

https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

6.(参考)Re-Style

 環境省では、循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。

 また、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらうため、様々なコンテンツを発信する環境省Webサイトの名称としても活用し、全国で一体感をもった取組として推進しています。

 「限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。」を、キーメッセージに「3R」の取組を多くの方々に知ってもらい、自分たちの暮らしに取入れてもらうよう、環境の面だけではなく、歌やダンス、アニメや動画などのサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信し、楽しみながら3Rについて知り、循環型社会のライフスタイル「Re-Style」をはじめていただけるような情報をお届けしている取組みです。

7.(参考)循環型社会推進「応援ソング」【巡り循った環の中に(めぐりめぐったわの中に)】

 環境省では、3Rや限りある資源の大切さを多くの皆様に知ってもらう"きっかけ"として、歌詞を通じて皆さまへメッセージを届ける新たなコンテンツRe-Style応援ソング"巡り循った環の中に"のほか、全4曲を制作し、環境省行事をはじめ、地方公共団体や民間企業等において、様々な場面で活用いただいております。

連絡先

環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8231
  • 室  長三木 清香(内線 6240)
  • 室長補佐田中 道雄(内線 6298)
ページ先頭へ