報道発表資料

令和元年7月5日
地球環境
この記事を印刷

「TCFD に沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」及び「インターナルカーボンプライシング活用支援事業」参加企業決定について

環境省は、気候関連リスク・機会を経営戦略に織り込む取組を促進するための「TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」及び「インターナルカーボンプライシング活用支援事業」に参加する企業を決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.支援対象企業の決定について

 令和元年5月27日から6月24日まで参加企業を募集していた「TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」に27件、「インターナルカーボンプライシング活用支援事業」に8件の応募があり、業種・分野の多様性、企業の規模、情報開示の意欲、事業内容への気候変動による長期的な影響の想定などを総合的に検討し、以下の支援企業を決定しました。

○TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業(上半期参加企業)

  ・鹿島建設株式会社

  ・カルビー株式会社

  ・株式会社日本政策投資銀行

  ・富士フイルムホールディングス株式会社

  ・古河電気工業株式会社

・明治ホールディングス株式会社

※上半期公募への応募企業で、9月ごろに予定している下半期公募への応募を希望される場合は、応募書類等の再申請は不要です。

○インターナルカーボンプライシング活用支援事業

・アスクル株式会社

・MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社

・株式会社小森コーポレーション

・株式会社JVCケンウッド

・株式会社商船三井

・株式会社ダイフク

・日産化学株式会社

・日立キャピタル株式会社

2.TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析に関する合同説明会

 支援事業にご応募いただいた事業者向けに、TCFDの概要やシナリオ分析の必要性、方法、必要な情報・準備、昨年度の事例等について理解を深める合同説明会を開催します。

 本説明会は非公開で開催いたしますが、7月19日(金)14:30-16:00の事務局説明部分については、取材可能とします。取材を希望される報道関係者の方は、下記内容をご参照の上、(3)の連絡先へご連絡ください。

   

(1)開催日時・場所

  日付:令和元年7月19日(金)14:30-18:00

  会場:新東京ビル7階セミナールーム(東京都千代田区丸の内3-3-1)

    (デロイト トーマツ コンサルティング合同会社内)

(2)タイムスケジュール(予定)

14:30-14:40 気候変動とシナリオ分析の重要性についての説明

14:40-16:00 シナリオ分析手法の概要説明

・シナリオ分析の概要とポイント

・気候変動シナリオ、物理的リスクのツールについて

※16:00以降、ケーススタディ等を実施します。取材はご遠慮ください。

  

(3)取材申し込み

  取材を希望される報道関係者の方は、7月18日(木)までに下記にご連絡ください。

 連絡先:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

TCFDに沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業事務局

メール:scplan@tohmatsu.co.jp

電 話:03-6860-7722

※原則メールでのお申込みをお願いいたします。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8249
  • 課長奥山 祐矢(内線 6736)
  • 課長補佐岸 雅明(内線 6721)
  • 係長飯野 祐平(内線 7743)
  • 担当曽根 拓人(内線 6779)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ