ここから本文です。

お知らせ

阿寒摩周国立公園内における小型無人機(ドローン等)の使用について

【注意喚起】

 近年、国立公園内において小型無人機を使う方が増加していますが、誤操作による落下や機械音等により、公園利用者とのトラブルが起きたり、野生生物に影響が出たりするおそれがあります。

阿寒摩周国立公園を利用するみなさまが快適に過ごせるように、小型無人機を使用する際には、以下の注意点についてご理解・ご協力をお願いいたします。

阿寒摩周国立公園における小型無人機使用上の注意点

1.利用者が集中する場所、時間帯での利用は避けてください

 利用者が集中する場所では、落下して下にいる利用者に衝突するなどの事故が発生するおそれがあります。また、上空から撮影されていることに不快感を覚える方もいますので、利用者の多い場所や時間帯を避ける等十分なご配慮をお願いいたします。

2.野生生物への接近は控えてください

 ドローンによる野生生物への接近は、ストレスや刺激を与えることになり、その影響で野生生物の行動が変化してしまう可能性があるため控えてください。特に野鳥の場合には、繁殖期に巣に近づくことで営巣放棄などにつながるおそれがあります。

3.回収可能な場所で利用してください

 ドローンが、摩周湖、硫黄山、オンネトーなど立入りが制限されている区域または阿寒湖、屈斜路湖など立入りが困難な区域に落下した場合、回収ができません。国立公園の貴重な自然環境に負荷を与えないよう、回収可能な場所であることを確認した上で利用してください。

4.事前に土地所有者に連絡をしてください

 トラブルを未然に防ぐために、利用する土地の所有者を調べた上で事前に連絡し、注意事項等をご確認ください。なお、国立公園は土地の所有に関わらず指定しており、環境省が国立公園内の土地の権限を有している訳ではありません。

 なお、以下に例示する行為を行った場合には自然公園法等の規定により、罰則が適用される場合や必要な措置を命じる場合があります。

 ・ドローンの落下・衝突により故意に野生動植物を損傷させた場合

 ・落下したドローンを回収せずに放置した場合


【本件に関するお問い合わせ先】

摩周エリア(摩周湖、屈斜路湖等)について:阿寒摩周国立公園管理事務所 (TEL 015-483-2335)

阿寒エリア(阿寒湖、オンネトー等)について:阿寒摩周国立公園阿寒湖管理官事務所 (TEL 0154-67-2624)

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。