自然環境・生物多様性

指定動物の指定に至った背景

  • 国立・国定公園の特別地域は、優れた景観や自然環境の維持を図るため環境に影響のある様々な行為を制限し、保護が実施されている地域です。新・生物多様性国家戦略の策定(平成14年3月)以降、国立・国定公園に対して生物多様性の保全の役割を担うことが求められるようになってきています。
  • 平成14年4月には、生物多様性保全の観点から自然公園法が改正され、国立・国定公園特別地域内において環境大臣が指定する動物を捕獲・殺傷すること及び動物の卵を採取・損傷することが新たに規制行為として追加されました。
  • このことを受け、専門家により構成される「指定動物保護対策検討会(←指定動物保護対策検討会のページにリンク)」において、平成18年4月に「国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定要領」及び「指定動物の選定に係る作業方針」を策定し、本選定要領及び作業方針に基づき、指定動物を指定することとしました。

国立・国定公園特別地域内において捕獲等を規制する動物の選定要領(抜粋)

全文はこちら

○選定要件
次に掲げる要件のいずれかに該当するものとする。

  1. [1] 現に個体数が減少、あるいは生息環境が悪化しており、絶滅のおそれがある動物
  2. [2] 高山、草原、汽水湿地など、特殊な生息地、生態を有する動物
  3. [3] 狭域分布種、限界分布種など、分布の特殊性を有する動物
  4. [4] 学術的にみて地域個体群として特に重要な価値を有する動物
  5. [5] 景観構成上、重要な動物

なお、選定にあたっては、次の事項に留意する。

  1. ア 原則として外来生物は選定しないこと。
  2. イ 個体として識別が容易な大きさ及び形態を有する動物を選定すること。
  3. ウ 規制を行うことにより当該動物の保護上の効果が見込まれる動物を選定すること。

○選定単位
 原則として、指定動物は、国立・国定公園ごとに種又は亜種の単位で選定する。

指定動物の選定に係る作業方針(抜粋)

全文はこちら
 

○指定のための詳細選定要件
当面の指定に際しては、次の詳細要件を満たすものを対象とする。  

  1. (1)指定対象となる分類群は、爬虫類、両生類又は昆虫類であること。
  2. (2)環境省作成のレッドリスト掲載種であること。
  3. (3)国立・国定公園として緊急に保全対策を講じる必要性があるものとして、次の3つのいずれかに該当するものであること。
    1. [1] 環境省レッドリストの絶滅危惧I類(CR+EN)掲載種であって、特別地域がその主要な生息地又は繁殖地となっている動物であること。
    2. [2] 我が国においてごく限られた国立・国定公園の特別地域を主要な生息地とすることが判明している動物であること。
    3. [3] 当該動物を見るために国立・国定公園に多くの利用者が訪れている、又は当該動物の生息地若しくは繁殖地であるということが当該地域の景観に特別な意味をもたらしていると認められる動物であること。
  4. (4)捕獲圧が主要な減少要因の一つと考えられるもの又は今後、捕獲圧が主要な減少要因の一つになるおそれがあるものであること。
  5. (5)指定動物に指定し、規制を行うことにより直接的又は間接的に当該動物の保護上の効果があると見込まれるものであること。
  6. (6)目視又は簡易な器具による生息状況の定期的なモニタリングが技術的に可能であり、かつ、実際にモニタリングを実施できる見込みがあるものであること。
  7. (7)指定後、当該指定動物の保護のため、次に掲げる要件が満たされているものであること。ただし、分類群や生物の特性により、これらの要件を必須としない場合は、この限りでない。
    1. [1] 指定時において、国立・国定公園の特別地域以外にも隣接して主要な生息地又は繁殖地がある場合には、当該生息地等の大部分が特別保護地区等として指定され、その環境保全が担保されていること。
    2. [2] 二次的な自然環境に依存して生息している動物については、当該自然環境を維持・再生するための取組が現に実施され、又は指定後、実施される見込みがあること。
    3. [3] 特殊な自然環境や特殊な餌資源を保全・再生する必要がある動物については、当該自然環境や餌資源を保全・再生することが技術的に可能であり、かつ、実際に保全・再生を実施できる見込みがあること。
    4. [4] 国立・国定公園の特別地域での捕獲規制を実施することにより、特別地域に指定されていない主要な生息地又は繁殖地において捕獲圧が著しく高まり、当該地域における個体群の存続に支障をきたすおそれがある場合は、これらの地域における保全対策が講じられる見込みがあること。
環境省 自然環境局 国立公園課
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL:03-3581-3351(代表)

著作権・リンクについて

ページ先頭へ