自然環境・生物多様性

緊急指定種について

令和3年7月1日現在、緊急指定種は3種指定されています。

緊急指定種の概要

緊急指定種は、新たに発見された種や絶滅したと思われていた種が再発見された場合など、特にその保存を緊急に図ることが必要な場合に捕獲などを禁止する緊急的な措置です。

種の保存法第5条に基づき、環境大臣が指定し、指定の期間は最大で3年間です。

個体等の取扱規制

  • 捕獲等の禁止(法9条)
  • 譲渡し等の禁止(法12条)
  • 輸出入の禁止(法15条第1項)
  • 陳列又は広告の禁止(法17条)

指定されている緊急指定種(令和3年7月1日現在)

学名和名指定期間
1 Scolopendra alcyona リュウジンオオムカデ

令和3年7月1日~令和6年6月30

環境省告示第44号(令和3年6月29日告示)

2 Eucorydia donanensis ウスオビルリゴキブリ 令和3年7月1日~令和6年6月30日
環境省告示第44号(令和3年6月29日告示)
3 Eucorydia miyakoensis ベニエリルリゴキブリ 令和3年7月1日~令和6年6月30日
環境省告示第44号(令和3年6月29日告示)

指定理由及び種の概要は以下のページをご覧下さい。

種の保存法に基づく緊急指定種の指定について(令和3年6月29日)

ページ先頭へ