国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

京都御苑ニュース

RSS

庭園管理

7件の記事があります。

2008年10月03日造園実習が行われました。

京都御苑庭園管理

本日、造園を学んでいる京都造形芸術大学生の造園実習が実施されました。
講師・環境省職員・国民公園協会の技術者の指導の下、樹木剪定作業や四つ目垣の化粧結びなどの実習が行われました。

作業前の打合せ状況

剪定前の状況。池に伸びているモミジが後ろのウバメガシに被圧され、やや弱り気味です。ウバメガシは常緑のため、落葉樹のモミジが葉をおとしているあいだに、勢力を伸ばしてきます。また、剪定が数年間空いているため、徒長枝が伸び枝が乱れています。
今回は、打合せの結果、元の樹形を取り戻すため、以前剪定していた頃の位置まで切り戻すことにしました。

剪定中。枝が乱れているため、剪定作業もなかなかはかどりません。数人掛かりで、樹上で剪定する人、樹下で剪定枝を整理する人に分かれ作業を実施しました。

剪定後、ウバメガシはすっきりしました。モミジが良くなることを期待しましょう。

四つ目垣の化粧結びを全員で実習しました。

講師に教えてもらいますが、なかなか上手くいきません。

化粧結びの完成です。
今日は一日有り難うございました。

ページ先頭へ↑

2008年09月26日犬のマナーキャンペーン

京都御苑庭園管理

本日16時~ 苑内一円で 上京保健所・上京警察署協力の元、「犬のマナーキャンペーン」が行われました。
また、動物愛護管理法では、動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めており、本日は最終日となっていました。
一部、リードを離している来苑者がみうけられます。
犬を怖がる方もいらっしゃいますので、法令を守り、多くの皆様が気持ちよく京都御苑を利用いただけますよう、今後ともご協力をお願いします。


愛犬家の方に協力のお願い



ページ先頭へ↑

2008年07月04日庭園管理実習が行われました

京都御苑庭園管理

本日、造園分野の教育・研究を学んでいる京都造形芸術大学生の庭園管理実習が実施されました。
当所職員・国民公園協会の技術者の指導の下、樹木剪定作業や剪定枝のリサイクルなどの実習や、閑院宮邸跡・拾翠亭など庭園の見学などが行われました。(京都造形芸術大学環境デザイン学科尼崎教授・野間講師・神藤講師担当)
30度を越す暑さの中、お疲れ様でした。


樹木剪定作業

樹木剪定作業

樹木剪定作業

剪定枝のリサイクル

剪定枝のリサイクル

ページ先頭へ↑

2008年05月22日今春の庭園管理

京都御苑庭園管理

◇閑院宮邸跡庭園植栽◇
閑院宮邸跡庭園池周辺に、尼崎博正京都造形芸術大学教授 日本庭園研究センター所長の指導の下、アラカシ・イロハモミジ・ツバキなど約7種35本の樹木、シャガやヤブランといった草花の植栽を行いました。
4月の作業当初から約一ヶ月がたち、緑もふえてきたので、今の様子をご紹介します。
数年後には、丸太町通から見える外観を遮り、騒音を押さえ、より庭園らしい景観を醸すことでしょう。
この池は、平成15年度からの改修・整備に当たっての事前試掘調査で、新旧の池底や州浜状の石敷きが確認され、18世紀中頃に作庭されたことがわかっています。現在は、出てきた旧状を保存するために、一回り小さく浅い形で復元してあります。


設立当初からの場所に遺る閑院宮邸跡。月曜・年末年始を除く公開中


尼崎所長の植栽指導の様子

4月当初

5月 一ヶ月でも変化が見られます。今後の変化が楽しみです

◇グリーンライティング設置◇
『京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画』事業のうち「外灯遮光板取付工事」を行いました。
これは、生物への配慮・光害対策として、外灯内部に遮光板を設置して、水平方向以上への直接光の放出による光害を軽減、利用者の防眩対策を行う工事で、現在の光源について、老朽化時等に取替えて、よりCO2発生の少ない光源に変更が可能となりました。外観は今までと変わりません。苑内182基の外灯のうち、全84基について施工しました。

ページ先頭へ↑

2008年02月15日京都御苑整備計画概要(案)について(意見募集)

京都御苑庭園管理

【お知らせ】京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画の概要について

                      2008.2.15 京都御苑管理事務所

今年度、京都御苑管理事務所では、苑内の自然環境や人文歴史資源情報についてよりよく利用者へ伝えていくこと等を目的として、御苑庭園基幹施設の今後の整備等に関する計画の策定を進めてきましたが、その概要(骨子案)をとりまとめたのでご案内いたします。

 計画策定にあたり、関係機関や多くの有識者、市民・利用者からも貴重な情報をいただきました。ありがとうございました。
 計画策定のため、これまで3回にわたり、専門家による作業委員会を開催し、情報整理を行ってきましたが、3月4日に最終の作業委員会を行い、計画を決定したいと考えています。概要案の主な内容は次のとおりです。

・計画の基本理念と方針
 計画策定にあたり、目指すべき基本理念と計画の方針を設定します。

・重点作業事項
「公家町跡としての歴史的遺産の再整備」「情報発信機能の充実」「バリアフリー動線の整備」の3項目の業務に重点的に取り組みます。

・継続的に取り組む事項(検討事項含む)
「景観」「地球環境・生物多様性」「御苑利用」の3分野について、継続的に取り組みます。また、適正な事業実施に向けてさらに検討を行う事項を掲げています。

・京都御苑の区域をわかりやすくイメージできるよう6つの区域にゾーニングします。それらは、外周林の区域、御苑の玄関口、御所透かしの手法で手入れされた松が展開する御苑の主要部、母と子の森一帯の里山的な自然管理区域、御苑南部と北部の歴史施設や遊戯区域が集まった区域、運動広場の区域の6区です。ネーミングは第4回作業委員会で整理します。

 この概要案についてのご意見、お気づきのことなどがありましたら、次の宛先まで郵便、FAXまたは電子メールでご連絡をいただけますようお願いいたします。
FAX: 075-255-6433 
郵 便: 〒602-0881 京都市上京区京都御苑三 京都御苑管理事務所御苑計画担当宛
Eメール: Kyoto7@env.go.jp
締め切り: 平成20年2月28日到着分まで 

■連絡先
環境省 京都御苑管理事務所
京都市上京区京都御苑三  直通:075-211-6348
所       長 小沢 晴司
担当・庭園科主査 千田 智明

(参考)
京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画の概要(案)
京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画策定について
情報提供のお願い
関係機関・有識者ヒアリングと市民から提供された情報について
京都御苑区域にかかる参考図


京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画の概要(案)


■京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画とは
 京都御苑では、一昨年春、歴史施設「閑院宮(かんいんのみや)邸跡」が再整備・公開されました。
 「京都御苑庭園基幹施設再整備基本計画」は、安全で快適な公園利用はもとより、近年の地球環境問題等への対応も考えながら、京都御苑の自然環境や人文歴史資源等の情報について、より良く利用者へ伝えていくことなどを目的として、御苑施設の今後の整備に関して方針等を定めるものです。

■計画の策定にあたって
 京都御苑は、幕末期まで、京都御所を囲んで存在した「公家町」の大半の区画を、明治期に解体し、「御苑」の命名とともに、庭園等として整備したことにはじまります。
 戦後は皇居外苑、新宿御苑とともに、厚生省所管の国立公園行政の中で「国民公園」として保存・整備が進められ、現在は環境省が直接管理しています。
今回の計画策定は、戦後に定められた以下の事項などが前提となっています。

・由緒ある沿革を尊重し、努めて現状の回復保存を図る
・各苑地の特性を活かし、国民公園に適合した整備運営を行う
・苑地と関連がない施設、特に営利目的、利権を伴う諸施設は認めない
・国民庭園として公開するため、苑路、下水道、照明のほか、運動広場、児童遊園、休憩所などを整備する ~「旧皇室苑地整備運営計画」(昭和24年)より

 なお、本計画策定にあたり、関係機関や多くの有識者から情報、提案を得るとともに、市民・利用者からも貴重な情報をいただきました。
 また、専門家で構成された作業委員会を設置し、収集した情報をもとに、課題の整理、計画の方針を設定しました。

■計画の基本理念と方針
 本計画を策定するにあたり、目指すべき基本理念と計画の方針を以下のように設定しました。

「御所と一体となった特別な空間の風致を維持し、豊かな自然環境を保全し、もって適正な利用を推進する」
 ~御所とそのまわりの空間に経過した日本の歴史・記憶を継承し、都人が親しんだ池水や花木、庭園、大都市に広がる広大な樹林を保全するとともに、多様な利用者に対応した施設の整備を推進する。~


■重点作業事項
 次の3項目について重点的に取り組みます。


●公家町跡としての歴史的遺産の再整備
 京都御苑全域に広がる歴史的遺産の再整備を図り、公家町の沿革をもつ京都御苑の特徴ある歴史的空間の保存と、適正な利用を進めます。
~具体的には~
 近衛邸跡、中山邸跡がのこる京都御苑北部や、閑院宮邸跡、九条池がのこる京都御苑南部など、貴重な庭園や施設が集中する地区について、その保存や修復方法を検討し再整備を行います。また、公家屋敷の跡を示す由緒ある樹木等についてもその保護に努め、これらに関する情報を整理します。

●情報発信機能の充実
 京都御苑にある歴史・文化資源や自然等の情報を、外国人や子供、高齢者など多様な層の利用者へわかりやすく伝えます。
~具体的には~
 歴史施設に関する案内看板等の四カ国語表示や、情報発信・収集拠点の整備を行います。また、苑内施設を活用し、歴史や自然環境分野のほか幅広い環境問題についても情報発信できるよう、関係機関と連携して取り組みます。

●バリアフリー動線の整備
 京都御苑の景観に調和し、苑内の自然や歴史資源の魅力に親しむことのできる、バリアフリーに配慮したモデルルートを整備します。
~具体的には~
 優先的に整備を行うルートを計画し、段階的にバリアフリー動線の整備を行います。点在する歴史資源や優れた自然資源等を結ぶルートについて検討していきます。

■継続的に取り組む事項(検討事項含む)
 次の分野について、継続的に取り組みます。また、京都御苑のよりよい整備・管理のため必要な事項について検討を行います。


●景 観
・御所と一体となった京都御苑の優れた景観の維持・向上のため、視点場や、視線方向を考慮し、苑内樹林や庭園等の適切な管理を行います。
・御所をとりまく風致の維持、充実のため、建築物、外灯、ベンチ、サイン等苑内施設の再整備時に、デザイン上の配慮をしてその維持、改修を行います。
・苑内から外部方向の景観質の維持・向上のため、外周林の保護・育成を進めます。市街地が見える箇所等では積極的な植樹も検討します。

●地球環境・生物多様性
・京都御苑は、京都市のヒートアイランド現象の緩和のほか、地域の生物多様性の維持等様々な機能があると考えられています。苑内樹木類の適切な手入れにより、このような緑地機能の維持・充実を進めます。
・オオタカ、アオバズク、タシロランなど、苑内を生活の場とする貴重な動植物について、適切にその保護管理を進めます。
・子どもが自然とふれあう場としての水辺環境等の創出、また都市の貴重な自然としての生物多様性を育む豊かな樹林の育成・管理手法について検討します。
・地球環境問題対応として、省エネルギー設備の設置、太陽光発電の導入、光害対策、地場産材の活用等の取り組みを進めます。地球温暖化対策やバリアフリー対策推進の観点から、苑路砂利敷の今後の管理や整備のありようについて検討します。

●御苑利用
・京都御苑がもつ多様な機能(観光・祝祭利用、散策・休憩及びスポーツ利用等日常の利用)を充実させるため、苑内施設の改修、維持に努めます。
・様々な利用者層のニーズに対応した、人にやさしい施設づくりを推進します。
・多くの市民の生命・財産や重要文化財が集積する京都における京都御苑の防災機能のありようを検討します。その際、ライフラインとしての水系の確保についても、関係機関と連携し検討を行います。

■基本計画ゾーニングイメージ■


■各ゾーンの概要■





◆◆◆参考資料◆◆◆
●ヒアリング意見や市民からの情報
学識経験者、京都御苑近辺の福祉施設や小学校、関係機関から幅広く情報をいただきました。
      掲載のページはこちら

●京都御苑区域にかかる参考図

江戸時代の京都御苑区域(公家町)



明治期の京都御苑区域



大正期の京都御苑区域



京都御苑の植生イメージ



現在の京都御苑の所有区分

ページ先頭へ↑

2007年12月19日御苑保存のための工事と今年最後の紅葉

京都御苑庭園管理

過去から未来まで変わらない御苑の景観。それを維持していくのが京都御苑管理事務所の基本的で大切な業務です。
現在、苑内では、明治天皇の産屋のある中山邸跡の格子塀、京都御苑の正門ともいうべき堺町御門門番所、九条池に架かる高倉橋の欄干などの老朽化した歴史的建造物や、大水のとき水浸しにならないよう苑内に埋設してある排水管の改修工事を進めています。また、御苑の主要景観の一つ、外周堤塘上のうばめがしの剪定作業を行っています。その他、腕章を付けた作業員が苑内の樹木調査を行って、京都御苑の基本データ作りをしています。
ご来苑の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。


中山邸跡格子塀改修全景・明治天皇の産屋が敷地内に現存しています。

中山邸跡格子塀改修状況

堺町御門改修全景・傷み歪んでいる門番所を修繕します。

高倉橋改修 高倉橋と堺町と間ノ町を結ぶ苑路の区間は通行止です。

高倉橋改修全景。九条池に架けられた橋で欄干等が古くなっています。

雨水配水管(乾御門付近、京都御所北側)改修状況。苑内全体で延長は約4kmに及びます。


堤塘うばめがし手入れ状況(富小路口付近)。一定の大きさで管理されていますが、植栽後今年でほぼ100年近くになります。

乾御門北側ではわずかに黄葉が残っていました


梅林東側、西園寺邸跡には赤・ピンク・白3色のサザンカが咲いていました

ページ先頭へ↑

2007年10月31日児童公園リニューアル

京都御苑庭園管理

老朽化のため改修していた児童公園が、11月1日にリニューアルオープンしました。
より安全にご利用いただけるよう幼児用と小学生用各々専用のエリアを設け、京都御苑のアイドル「アオバズク」のオブジェやドングリをモチーフにしたブランコ、「絵さがしタイル」といった遊具等も新設しました。
京都御苑の、歴史と自然に囲まれた緑豊かな公園として、これからも皆さんの憩いの場となることを願っています。

主な改修内容
・ブランコ5基更新(小学生用3基、幼児用2基)
・滑り台2基更新(小学生用1基、幼児用1基)
・砂場更新(1か所)
・シーソー更新(2基)
・うんてい更新(1基)
・スプリング遊具新設(3基)
・えさがしタイル新設(アート平板)
・ベンチ更新(ユニバーサルデザインタイプ)
 背もたれ付き10基、背もたれなし5基、野外卓2基
・縁台新設(6基)
・四阿(あずまや)新設(2基)
・芝生植栽(1,250㎡)
・低木・地被類植栽(シャガ・センリョウ・コデマリ等14種類)




ブランコ(アオバズク)

えさがしタイル

砂場

ページ先頭へ↑