放射線相談に活用できる『支援ツール』

東日本大震災と東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の発生から10年が経ちました。この間に避難指示が解除された所もあり、本格的に帰還して生活を始めた方もいれば、これから帰還するかどうか悩みや不安を抱えている方など、現在は一人一人違った様々な状況となっています。
                     事故直後は、放射線に関する情報はわずかでしたが、今やインターネット上では、どこを見たらよいのか迷う程の情報にあふれています。相談を希望される方の中には、既に自分で色々な情報を探し、それでも不安が解消されず悩んでいる、という状況も見受けられます。情報が乱立する中で、自治体職員や相談員の皆さんの放射線に関する相談対応が、これまで以上に困難になってきているのではないでしょうか。
                     そこで、自治体職員や相談員等の方にとって、また一般の方にとっても、放射線の相談などに役立つと考えられる情報を調べやすく整理し、『支援ツール』としてまとめました。 東日本大震災と東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の発生から10年が経ちました。この間に避難指示が解除された所もあり、本格的に帰還して生活を始めた方もいれば、これから帰還するかどうか悩みや不安を抱えている方など、現在は一人一人違った様々な状況となっています。
                     事故直後は、放射線に関する情報はわずかでしたが、今やインターネット上では、どこを見たらよいのか迷う程の情報にあふれています。相談を希望される方の中には、既に自分で色々な情報を探し、それでも不安が解消されず悩んでいる、という状況も見受けられます。情報が乱立する中で、自治体職員や相談員の皆さんの放射線に関する相談対応が、これまで以上に困難になってきているのではないでしょうか。
                     そこで、自治体職員や相談員等の方にとって、また一般の方にとっても、放射線の相談などに役立つと考えられる情報を調べやすく整理し、『支援ツール』としてまとめました。

『支援ツール』とは

 東日本大震災と東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故の発生から10年が経ちました。この間に避難指示が解除された所もあり、本格的に帰還して生活を始めた方もいれば、これから帰還するかどうか悩みや不安を抱えている方など、現在は一人一人違った様々な状況となっています。
 事故直後は、放射線に関する情報はわずかでしたが、今やインターネット上では、どこを見たらよいのか迷う程の情報にあふれています。相談を希望される方の中には、既に自分で色々な情報を探し、それでも不安が解消されず悩んでいる、という状況も見受けられます。情報が乱立する中で、自治体職員や相談員の皆さんの放射線に関する相談対応が、これまで以上に困難になってきているのではないでしょうか。
 そこで、自治体職員や相談員等の方にとって、また一般の方にとっても、放射線の相談などに役立つと考えられる情報を調べやすく整理し、『支援ツール』としてまとめました。

『支援ツール』の使い方

  • 放射線の情報を、「自治体職員・相談員用」・「一般説明用」・「地域の情報」に分類しています。
  • 「自治体職員・相談員用」は、自治体職員や相談員の皆さんが放射線に関する情報を詳しく調べたい場合に役立つ内容を紹介しています。
  • 「一般説明用」は、自治体職員や相談員のみなさんが一般の方にわかりやすく説明したい場合に役立つ内容を紹介しています。
  • 「自治体職員・相談員用」・「一般説明用」の内容は、それぞれ『よくある質問』と、『項目別の情報』です。相互移動できるようになっているので、その中から自分が必要としている情報を調べる事ができます。
  • 「地域の情報」は、福島県と原子力災害避難指示区域12市町村における、放射線に関する各種の情報を紹介しています。

「暮らしの手引き」は、福島県内で住民相談対応等にあたられている支援者(自治体職員、相談員等)の方へ向けた冊子として作成されました。生活のフェーズに合わせた、アドバイス、ヒント集としてまとめられています。生活関連の放射線に関する疑問、相談等に、ぜひリスクコミュニケーションツールとしてお役立てください。  

ページ先頭へ

当サイトはGoogleアナリティクス利用規約に基づき、Googleアナリティクスを使用しています。更新日:2021年4月1日