私たちは相談員の皆さまの活動をお手伝いしています。
相談員に関心がある方も是非のぞいてみてください。

住民の方から相談員等の皆様に寄せられた放射線に関する疑問、要望等について、放射線リスクコミュニケーション相談員支援センターが間に入ってサポートします、というイメージ図。

放射線リスクコミュニケーション相談員支援センター

【支援内容のご紹介】

 相談員支援センターでは、東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故により避難指示が出された12市町村を中心に福島県全域において、自治体職員の方々や、住民からの放射線不安等の様々な生活上の問題に対応する相談員等に対して、相談対応へのアドバイスや専門家の現地派遣、研修会の開催等の支援を無料で行っています。
 以下のようなサポートを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

サポートまでの流れ

ステップ1、電話やメール、定期訪問等でご相談ください。ステップ2、ご要望内容を伺い、必要なサポートメニューをご提案します。ステップ3、必要なサポートを実施します。

ステップ1、電話やメール、定期訪問等でご相談ください。 ステップ2、ご要望内容を伺い、必要なサポートメニューをご提案します。ステップ3、必要なサポートを実施します。

【相談員の活動紹介と参考資料】

【支援対象者】
  • 放射線相談員及び生活支援相談員
  • 福島県及び県内市町村の職員
  • 住民から相談を受ける可能性がある者(保健医療福祉関係者、食品等の検査員、復興支援員、教職員、区長や民生委員、NPO等の職員等)

連絡先

相談対応への様々なアドバイスや
専門家の現地派遣等のサポートを行います。
いつでもスタッフが訪問しますのでご相談はお気軽に!

また、放射線に関するご相談や放射線リスクコミュニケーション相談員支援センター(以下「相談員支援センター」という。)の活動内容に関するご質問等がありましたら、以下のご連絡先までお知らせください。

  • フリーダイヤル:0120-478-100
    (月~金/9:00-17:00)
  • 電子メール:F-sodan@nsra.or.jp

(恐れ入ります。ウィルス、迷惑メール対策のためメールへのリンクは設定しておりません。メールをお送りいただく時はお手数ですが、上記アドレスを半角で入力してください。コピーされる場合は@マークを半角にしてください。よろしくお願いいたします。)